2017年06月29日

BBクリームの作り方(SPF15くらい)

この5年ほど化粧水、乳液はつけていないのですが、年に数回、BBクリームは使うことがあります。

例えば真夏に一日中、外で遊んでいるとか(日焼けを避けるため)、結婚式の二次会やパーティ(お化粧をしないと失礼に当たる場合)とか♪

このBBクリームは手作りしています。SPF15くらいになるように調合して、サンスクリーンをミックスしています。

肌の色に合わせているので、ファンデーションとして使えて便利です♪

手作りBBクリーム

このBBクリーム、友人に頼まれてよく作っていますが、なかなかの人気でリピーターも多いです♡

軽いつけ心地で、肌色が少し透けて見えて自然な仕上がりになります。

そして、石鹸だけで簡単にオフできるのもいいですね。

在庫薄ではありますが、私が運営している石鹸ショップ「手作り石鹸 Blue Moon」もよろしかったらご覧ください。

オイル、精油、クレイなどヴィーガンの材料だけで作り、パームオイルフリーです。


BBクリームのレシピ


できあがり約50ml



BBクリームの作り方


  1. サンスクリーンミックスをよくつぶして塊をなくしておく
  2. 精製水を湯煎で70度くらいにする
  3. オイル類とサンスクリーンミックスをよく混ぜ湯煎で70度くらいにする
  4. オイル類に精製水を加えよくかき混ぜ乳化させる
  5. グリセリンを加えよく混ぜる
  6. エッセンシャルオイルを入れる
  7. ライトベージュマイカを少しずつ加え、肌色とあわせる
  8. クエン酸銀を加えよく混ぜる



サンスクリーンミックスの内訳



すべての材料をビニールの袋に入れて、よく混ぜます。

できあがり100gに対して、サンスクリーンミックス11.2gを加えることでSPF15くらいの日焼け止めができます。


BBクリームの材料について


簡単に、使っている材料とその目的についてご説明します。

精製ホホバオイルは、ロウの成分です。お肌の脂にもロウが含まれているので、入れています。

スクワランも肌の脂の成分にあるそうです。サメのスクワランは動物性なので、より人の肌に似ているのだと思うのですが、なんとなく植物性を意識してオリーブスクワランを使っています。

エマルシファイイングワックス乳化剤です。オイルと水を混ぜ合わせるために入れています。

グリセリンは、保湿剤です。

クエン酸銀は、相性の悪い成分が少なく安定した防腐剤なので、便利に使っています。

もっと自然なものがよければグレープフルーツの種から抽出したGSE(グレープシードエクストラクト)や、わさびの根発酵液もよさそうです。多分、次回はわさびを試してみます。


posted by 杉本佳江 at 23:59| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする