2017年05月16日

オススメのヴィーガン・グルテンフリーレシピ本「Minimalist Baker」

有名なヴィーガンのレシピブログMinimalist Bakerですが、このブログから本当にいろいろと作って、美味しいものをたくさん教えていただいたので、お礼に本も購入しました。

Minimalist Baker's Everyday Cooking: 101 Entirely Plant-based, Mostly Gluten-Free, Easy and Delicious Recipes

このレシピ本から作って、美味しかったものをご紹介します♪


1ボウル ズッキーニ・くるみマフィン(p51)


1-Bowl Zuccini Walnut Muffins(1ボウル ズッキーニ・くるみマフィン)です。

これを作ってみたかったのは、ズッキーニを加えると少しマフィンが軽くなるのかなぁと思ったからですが、多分、軽くなっていると思います♡

しかもグルテンフリー♪このレシピ本は、マフィンやローフはグルテンフリーが多いように思います。

minimarist_3.jpg

甘味料はかなり減らして、重曹はベーキングパウダーに置き換えましたが、あとはそのままで作りました。

完全に冷やしても、マフィンがグラシン紙にくっついてしまいましたが、冷凍の後、解凍したら綺麗に外れました。

解凍したものをトースターで焼いても、美味しかったです♪リピあり♡

p48のパンプキンチョコチップオートブレッドも似たようなレシピで、美味しかったです。

ただ、こちらも重曹で作ると重曹の匂いが強いので、多分、甘味料を半分以下に抑えるからだと思いますが、重曹の代わりにベーキンパウダーを多めにして作った方が良さそうです♪


オレンジ・モロカン・スパイスナッツ(p62)


Orange Moroccan Spiced Nuts(オレンジ・モロカン・スパイスナッツ)は、コリアンダー、ジンジャー、シナモンなどのスパイスを使ったオレンジ風味のナッツスナックです。

minimarist_2.jpg

レシピでは、オレンジの皮で風味付けをしていますが、オーガニックのオレンジの皮が手元になかったので、ドテラのオレンジを使いました。これが、とてもうまくいって素晴らしい香りに♪

チョコレートと一緒に食べるとまた美味しく、アイスクリームのトッピングにもよさそうです♡もちろん、リピありです♪


ガーリック・スキャロプポテト(p103)


Garlic Scalloped Potatoes(ガーリックホタテポテト)ですが、ポテトを輪切りにしてホタテ貝のようにスライスしているからこんな名前なのだそう。

minimarist_1.jpg

このレシピは、ヴィーガンパルメザン(p7)をふんだんに使った、チーズっぽいグラタンに仕上げています。この日は、アスパラもあったので加えてみました。

クリーミーで、濃厚で、チーズ風味で、男子も喜ぶ一品です♡


イージー・ヴィーガンBBQソース(p12)


うちではケチャップがあまり人気がないので、BBQソースを作ってみました。

bbq.jpg

チリパウダーやスモークパプリカのスパイスが程よいベジバーガーに素晴らしいソースですね。切らさず作っておいきたいです。

今日は、ローストしただけのポテトにつけて食べました。

ただ甘さの感覚だけがこの著者とはちがっていて、このBBQソースも甘味料は半分以下にしてちょうどよかったです。


minimarist_4.jpg

このレシピ本、仕事が終わった後、ソファーに寝転がって読んで気分転換をしています♪

ちなみにこのMinimalist Baker'sは、15種類以内の最小限の材料(ミニマム)で作るレシピ、というテーマからつけられたようです。

Minimalist Baker's Everyday Cooking(ミニマリストベイカーの毎日の料理)」オススメです。

もし、アメリカのアマゾンで他のお買い物と一緒にしたいなら、こちらから。この1冊だけを買うと送料と合わせて高くなりますが、本だったら3冊以上、または他のアイテムと同梱ですと日本で買うよりも安く買えることがあります♪

その他、オススメのヴィーガンレシピ本は、こちらのリンクからチェックできます♡


posted by 杉本佳江 at 23:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

オススメのレシピ本・スムージー・ジュース編(洋書)

ジュースやスムージーは何を混ぜても大体、美味しくなるのですが、ワンパターンになりやすくて変化が欲しいとき、ありますね。

レシピがあると、「ちょっと凝った味」「いつもとちがう味」に出会えて楽しいものです。


juice1.JPG


ジュースやスムージーのレシピは材料の名前さえわかれば、あとは絞るか混ぜるかなので、英語でも簡単です♪


juice2.JPG


これは上のジュースの材料ですが、フェンネルの葉とセロリの葉、りんごとグレープフルーツ。自分ではちょっと思いつかない組み合わせで、とても美味しかったです♪

今回は、日本で買える洋書からオススメのスムージーとジュースの本を3冊ご紹介です。


スムージー・ジュースのレシピ本


買ってよかった、かなり熟読した内容の濃いスムージーとジュースのレシピ本ばかりです。

Superfood Smoothies: 100 Delicious, Energizing & Nutrient-Dense Recipes

NAVITAS(ナビタス)のスーパーフードを使った、とっても美味しいスムージーのレシピ本です。この中から我が家でも定番のスムージーがいくつもあります。

ただ適当な材料を混ぜてもスムージーは美味しく出来るのですが、きちんと分量を量って作るスムージーはまた、ちょっと特別感があってよいものです♪

日本のアマゾンでは★3つのレビューが一つだけですが、アメリカアマゾンでは800以上のレビューがあってかなり評価の高いレシピ本です。
Juice: Recipes for Juicing, Cleansing, and Living Well

ジュースバーオーナーが出しているジュースレシピ本。

初心者向けの美味しいジュースから、エキセントリックな上級者向けのグリーンのジュースまで。ジュースクレンジングの準備の仕方、クレンジング中の過ごし方とレシピ、回復食などのレクチャーも。レシピも読み物も豊富で美しい本です。

疲れた体をジュースクレンズしたい時、たくさんのバリエーションから美味しいジュースを楽しめます。

アメリカのアマゾンのレビューを見ると、ジュースを生活に取り入れている人が多いですね。レシピの評価も高いです。
Big Book of Juices: More than 400 Natural Blends for Health and Vitality Every Day

届いてびっくり!本当に分厚いレシピ本です。一番はじめはりんご4個だけを使ったジュース、その次はりんごとニンジンのジュースと、徐々に材料が増えていきます。これが、りんご、なし、オレンジ、グリーンとバリエーションが増えていきます。この編集方法が、なかなか見やすいのです。

後半は、ジュースにフルーツを足したスムージーなど凝ったレシピも。

アメリカでは700以上のレビューがついている大人気のジュースレシピ本です。


りんごジュースとグリーンジュース

アンカーホッキングのメジャーカップに入っているのは、りんごだけ(多分グラニースミス種)のジュースで、グラスに入っているのはゲルソンのグリーンジュースです。


これらの本をアメリカのアマゾンで購入したい場合は、こちらの記事をご確認ください♪



posted by 杉本佳江 at 16:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

私のおすすめ♪ローフードのレシピ本

参考にしているおすすめのローフードのレシピ本一覧です。英語のレシピ本が多いですが、すべて日本で購入できるリンクをご紹介しています。

ケルプヌードル

こちらは「Going Raw」(下記一覧の一番上)のp117のAsian Noodle "Stir-Fry"で、ケルプヌードルのレシピです。もちろん、炒めていなくて(私はディハイドレーターを使いましたが)元のレシピではディハイドレーターを使わずに作っています。簡単で美味しいです♪


ローフードのレシピ本


まず最初に、ローフードのレシピ本をご紹介します。

Going Raw: Everything You Need to Start Your Own Raw Food Diet and Lifestyle Revolution at Home
*こちらのリンクはKindleなので、紙の本はリンク先で選択してくださいね。

Judita Wingnallの初めてのローフード本。野菜の切り方、ココナッツの開け方、野菜のスライサーの使い方、ナッツの浸水の仕方、スプラウトの育て方など基本からレクチャー。
美味しいレシピがたくさんあるので、この本からよく作っています。

アメリカでは、やはりローフードを始めるのにぴったりなレシピ本との評価。Juditaの優しい語り口を評価する声も♡
Raw and Simple: Eat Well and Live Radiantly with 100 Truly Quick and Easy Recipes for the Raw Food Lifestyle

Judita Wignallの2冊目のローフードレシピ本。レシピの他に、毒を出す体、ジュースやスムージーファスティング、ローフード生活を続ける10のポイント、砂糖の害、抗カンジダのライフスタイル、ローフードを続けるお買い物のコツなどの読み物も充実しています。

アメリカでは、1冊目の本がよかったら2冊目も購入したという人が多いですね。作り方が簡単で美味しいとの評価です。
Raw and Simple Detox: A Delicious Body Reboot for Health, Energy, and Weight Loss

Judita Wignail の3冊目のローフードレシピ本。デトックスを意識した本で、メープルシロップの頻度も少なく、代わりにステビアが使われています。Juditaがだんだんとストイックになっていくのがわかります。
読み物としては、福島第一原発の事故を例に挙げ、世界が汚染されていること、日常でデトックスが必要なことなどが書かれています。
ほか消化について、便秘について、サプリメントとハーブ、12のデトックスの方法、1週間のデトックスメニューへと続きます。レシピはシンプルなものが多く、アーモンドミルクよりは、ココナッツミルク、などちょっとした工夫が光るレシピが紹介されています。

アメリカでは、本で紹介されている低糖ダイエット(食事)を試したらとても体調が良いとの声も。
Choosing Raw: Making Raw Foods Part of the Way You Eat
*こちらのリンクはKindleなので、紙の本はリンク先で選択してくださいね。

ローフードをベースにヘルスコーチをしているGena Hamshawの本。レシピよりも読み物部分が多く、「ちょっとあれ、どう説明してるんだろう」と辞書的に使っています。ドクターの栄養士としてのキャリアもあり、いろいろと詳しいので頼りにしている一冊です。

アメリカでは、男性でも満足できるレシピ、レシピのバラエティが多い、サラダとドレッシングが美味しいなどの評価で、ブログのファンから本を購入した方もいるようです。
SAYURI's Raw Food Cafe さゆり's ローフードカフェ (veggy Books ベジィブック)
バリ島のさゆりさんのレシピ本。イタリアン、和食、メキシカン、ギリシャ料理、タイ、インド、コリアン、バリと各国のテイストのローフードが楽しめます。

ロークラッカーの比率が秀逸ですね。そしてナッツごとにフレイバーを変えているのですが、その選択もさすがです。



おすすめのロースイーツのレシピ本


次は、ロースイーツのレシピ本をご紹介します。

Dairy-Free Ice Cream: 75 Recipes Made Without Eggs, Gluten, Soy, or Refined Sugar (English Edition)
*こちらのリンクはKindleなので、紙の本はリンク先で選択してくださいね。

今年のベストバイです!この夏、このレシピ本の中からどれだけアイスクリームを作ったことか。どのアイスクリームもとても美味しいです。甘味料はメープルシロップではなくてデーツです。デーツだけだとお高くなるので、私はメープルを足して調整しています。おすすめです!

ちなみに私が持っているアイスクリームメーカーは、クイジナートアイスクリームメーカーです。
Rawsome Vegan Baking: An Un-cookbook for Raw, Gluten-free, Vegan, Beautiful and Sinfully Sweet Cookies, Cakes, Bars and Cupcakes

ロースイーツだけのレシピ本。ナッツ、オイル、甘味料たっぷりのいかにもアメリカのレシピですが、アイデアやビジュアルが秀逸♪宝物のようなレシピが隠れているので、それを探す楽しみも。

アメリカでは、すごく美味しいという高評価がたくさん付いています。有名ブロガーのレシピ本で、写真もテキストも全部、一人でやったそうです。
Everyday Raw Desserts (Raw Food)

かなり古い本で、私もローフードをはじめた初期の頃に買ったのですが、マシュー・ケニーの本なのでビジュアルなどやはり参考になります。


これらの本をアメリカのアマゾンで購入したい場合は、こちらの記事をご確認ください。




posted by 杉本佳江 at 11:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする