2013年02月18日

フォアグラからやめました

フォアグラを食べるのをやめたのは、たぶん4年ほど前だったと思います。ローフードもヴィーガンという言葉もまだ知らなかったときでした。

フォアグラが大好きで、ミクニ/MIKUNIのフォアグラ丼を、よく食べにいきました。フレンチを予約するときは、フォアグラのメニューがあるかを確認していました。

クリスマスや誕生日などは、フォアグラを取り寄せて自分でフォアグラソテーを作ったりもしていました。ソテーすると、フォアグラからたくさんの脂が出るのには驚きました。

duck.jpgあるとき、またまた主人が「フォアグラ、食べるのやめようか」とぼそり…もちろんパソコンの前で。


「フォアグラって、どうやって作るか知ってる?」


管をくちばしから入れられ、強制的に大量の餌を流し込まれる…この工程を一日に数回繰り返す、ということを知りました。


「いいよ、やめよう…」


それから、フォアグラは食べていません。


もちろん、ガチョウへの残虐性は気になりました。そこまでしてフォアグラを食べたいとは思わない…というのが第一の感想でした。

主人いわく、「フォアグラはストレスの塊だよ。そんなストレスを抱えたものを食べて、よいことはないよ」とも。なるほど、それも納得です。


ヨーロッパのポーランド、ノルウェイ、スウェーデンなど数カ国では、この「強制給餌」が残酷ということでフォアグラの生産を禁止しているそうです。アメリカのカリフォルニア州でもフォアグラ販売禁止法が施行されたということです。


ico_pen1-2.gif関連記事
フォアグラの作られ方1
EU政府が「病気の肝臓」にストップ。脱フォアグラへ!
「残酷」批判受け…カリフォルニアではフォアグラ禁止




posted by 杉本佳江 at 14:37| Comment(2) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

アーモンドミルクをはじめました

牛乳はホルモンや農薬の問題があるので、できたらやめたいなと考えていたところ、アーモンドミルクにいきつきました。

almonds_milk.jpg

豆乳も試したのですが、あのお味がとても苦手…続けられませんでした。

アーモンドミルクは、水に浸した生アーモンドをよく洗って、水といっしょにかくはんして絞ったもの。

almonds.jpg

こんな感じで、生アーモンドを水に浸しておきます。

<アーモンドミルクのレシピ>
  • 水_2.5カップ
  • 浸水した生アーモンド_1.5カップ

元のレシピには、甘さとしてデーツを入れ、オプションでバニラエクストラクトも入れていました。

私は飲むときに、メープルシロップを加えています。ミルクとして使うこともあるので、アーモンドミルクを作るときに甘さは入れていません。

これで、ニモの保育園用のミルクができました!

今朝のニモの朝ごはんは、バナナアーモンドミルクにしました。

almonds_bananamilk.jpg

<バナナアーモンドミルクのレシピ>
  • バナナ_1本
  • アーモンドミルク_100cc
  • メープルシロップ_小さじ1
とっても美味しかったです♪

<アーモンドミルクに使う材料>
almonds.jpg カルフォルニア産:生アーモンドホール
1kg/1,186円(税込・送料別)
原産国:アメリカ
maple.jpg メープルシロップ No1 ミディアム
3,050円(税込・送料別)
原産国:カナダ
d.jpg デーツ<マジョール種>
450g/1,029 円(税込・送料別)
原産国:アメリカ


アーモンドミルクは、冷蔵庫で5日間保存可能です。分離しているので、よく振ってから飲みましょう

ico_pen1-2.gif関連記事
牛乳ホルモンの問題
ローフード BASICS(←参考にしたレシピ本)
posted by 杉本佳江 at 12:10| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする