2016年11月18日

「なべ敷き・有機たかきび」と「シアバタークリーム」を物々交換しました♪

山梨に住む友人のために定期的にシアバタークリームを作っているのですが、今回は材料費の代わりに物々交換をしてみよう!ということになりました♪

彼女とは、川崎に住んでいた頃のママ友。それぞれ山梨と沖縄に引っ越してからもフェイスブックで繋がって、情報交換してきました♪

彼女の山の中生活は本当に素敵で、今年はたくさんのお米が収穫できたとのこと楽しく拝見しています。

trade1.jpg

届いたのがこちらのなべ敷き2サイズとオーガニックのたかきび、そしておまけに頂いた古代米の黒餅米。

たかきびはずっと探しているのですが、気にいった産地のものが見つからず、この2年ほど使っていませんでした。

たかきびをベジパテに入れると、食感も見た目もハンバーグのようになって本当に美味しいのです。

そして、このなべ敷きは超おしゃれな雑貨屋さんでずっと見ていて、買おうかどうか悩んでいたのですが、なんとその友人は作れるとのこと(*゚▽゚)ノ

18cmサイズをお願いしたのですが、小さいのもおまけに入れてくれました。ありがとう〜♡

こんな形で我が家にやってくるとは、なんかだ不思議です。

持ち手もついていて、インテリアとしてもいい感じです。

古代米の黒餅米は、お米1合につき大さじ1を入れると、おこわのようなモチモチのご飯になるそう。ファイトケミカルもものすごそうですね♪

貴重なもの、ありがとうございました!


シアバタークリームはこちらです♪


私がお送りしたのは、こちらのシアバタークリーム。

trade2.jpg

シアバターを10%配合して、パルミトレイン酸が豊富なマカダミアナッツオイル、オリーブスクワラン、ロウの成分のホホバオイル。

そして、ドテラのラベンダーとマジョラムで香りづけしました。

私は普段はクリームは使わないのですが、友人に頼まれて作ることがあります。

必要最低限のものしか入っていないので、使い心地はよいと思います♡


物々交換って、すごくプリミティブな楽しさがありますね!


posted by 杉本佳江 at 17:22| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

ママの自由研究は「ゲルソン療法のサプリメントのpH観察」

小学校2年生の息子。怒濤の夏休みが終わりました。

「今年は、自由研究をやってみよう!」ということで、ママ友にお誘いいただいた七田式教育の「自由研究講座」に参加しました。

この講座は、アントシアニンを指示薬として、水溶液のpHを調べようというものでした。

指示薬

このアントシアニンの指示薬がなかなかの優れもので、思いのほか正確なpHを出したのです。

それを自宅でやってまとめたのがこちらです。

夏休みの自由研究


■ゲルソン療法サプリメントのpH結果


サプリメントの水溶液に指示薬を入れたところを拡大すると〜

自由研究拡大

一番左が「アシドールペプシン」で、胃酸とペプシンを強化するサプリメント。ゲルソン食前に飲みます。

下画像のクエン酸よりも強い酸性を示しました。

胃酸はpH2ほどと言われているので、サプリも酸性が強いんですね〜

一番右が「パンクレアチン」で、膵臓から出す消化酵素をサポートするサプリメント。ゲルソン食後に飲みます。

これが、判断しづらいのですが、たぶん弱アルカリ性

膵液は、胃液の酸性を中和する働きがあるので、アルカリ性です♪

サプリメントまとめ

まとめの下の絵は、サプリメントのカプセルから中身を取り出したところです。


■洗剤のpH結果


こちらが洗剤のpH比較なのですが、見事に酸性から強アルカリ性まできれいに色が出ています。

重曹>アルカリウォッシュ>酸素系漂白剤の色の微妙なちがいもきちんと出ています。

洗剤のpH

特に、「重曹の青」と「アルカリウォッシュの青緑」の色のちがいが素晴らしいです。

洗剤のまとめ


…と、母の自己満足の夏休みの自由研究

学校の理科室に展示され、「銀賞」をとったとのこと。

息子は「だって、ママの自由研究だもん。(銀賞は)当たり前だよ〜」と冷ややか。

主人は「ママを抜いた、金賞ってどんなのか見てみたいね」と、マジレス。

息子は、「検査結果も、結論もチンプンカンプン」とのこと。

「だよね…」

写真を撮影して、テキストを記入して、という作業で8歳の息子のキャパはいっぱいいっぱい。胃とか消化、胃酸の説明まで頭に入らない様子でした…

撮影はすべて息子がひとりでやりました。三脚を立てて一定の角度から同じ条件で写真を撮る方法はわかったと思います。

あと、最後まで仕上げるとか、そういうことは学べたでしょうか…


posted by 杉本佳江 at 13:53| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

首里の畑で自然農法〜種まきと間引き

那覇市が年間4,000円で畑を貸し出すとチラシで知りました。

応募してみたら補欠当選したので自然農法デビュ〜週末は畑仕事をしています。

自然農法

ビギナーズラックなのか、これがなかなかうまくいっているのでレポいたします(^▽^)ゞ


■参考にした自然農法の本


自然農法は、無肥料、無農薬で野菜を育てる農法です。小学生のときにサツマイモを植えたくらいで、畑作業などしたこともありません。

まずは、情報集めに本を購入しました。

これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち
1,836円(税・送料込み)
この本は上級者向けと感じました…土壌の程度を雑草で把握して最初は肥料を加えていく、などと私たちの手には負えず…
はじめての自然農で野菜づくり―無農薬
1,944円(税・送料込み)
こちらの本は、ものすごくシンプル!なにもせずに種を撒くだけ〜♬この本を参考にすることにしました。


ということで、はじめての自然農で野菜づくり―無農薬を参考に準備を。

ノコギリカマとスコップ、じょうろ、無農薬の種を購入しました。


■自然農法の種まき


こちらが、種をまいて水をやっているところです。

nature1.JPG

畑では根っこを残したまま雑草を刈り取り、一切、耕しませんでした。

雑草の根が土をふかふかにするのだそう。これを耕してしまうのはもったいない、という考えです。

自然農の農家さんに無耕作について伺ったら「耕している」とおっしゃっていました。農家の方は仕事としてしているのでリスクを冒せないのだそう。

うちの農業は週末のアクティビティなので、冒険できますね。棒を差したら30cmはすっと刺さったので「イケル」と判断しました。

畝も作りませんでした。あまり畝を高くすると、水はけがよくなりすぎて土が乾燥するかも、と考えたからです。

沖縄の炎天下でも、水やりは一切しない予定なので、できるだけ保湿する畑にしたいと思いました。

そこへ、手で種をバラ蒔き。種を蒔いたら、足で地固め。これが意外と大事なのだそう。読み飛ばさなくてよかったです。

その上に刈り取った雑草を敷いて、地面が乾かないように保湿します。

種をまいたら、じょうろで水をたっぷりとあげました。ちなみに畑に水をあげたのは、種を蒔いた直後、この1回だけです。今のところ。


■よく育つ種と育たない種


メインはサンチュです。うちはグリーンの葉野菜をたくさん消費するので、沖縄で取れた種のサンチュをたくさん蒔きました。

nature2.JPG

こんな感じで芽が出てきました♪

よく育つ種と育たない種がありました。

こちらは、残念な結果のアメリカ産のオーガニックパセリです。

nature4.jpg

その土地で取れた種は旺盛に育つようです。沖縄で取れたというサンチュだけが、どんどん大きくなって、その他はほぼ全滅に近い状態です。

こちらは、種を蒔いてから3週間の沖縄県産サンチュ。

nature3.jpg

一日かけて間引き作業。600本ほどのベビーリーフを収穫しました♡農作業の後は、ご褒美のビール。

nature5.jpg


■4日分のサラダを収穫


こちらが、初収穫のサンチュのみのサラダ。4日分の収穫がありました。

baby_leaf_salad.jpg

このサンチュをすべて洗い終わるのに2時間…クタクタです。そして出てくる、出てくるカタツムリ!何匹殺したことか…(>_<) そして、その辺を歩いているやつは、ベランダからリリースです。


■戦力外の息子は〜


息子のニモを畑に連れて行きますが、作業にすぐ飽きて戦力外。動くものを追いかけて、畑で一日を過ごします。

nature6.jpg

「見て〜!」という息子の手から覗くのはΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン もしやMr.G???

よく見たら、コオロギでした…この顔つきとピーンピーンと動く触角にリアルに焦りました。

今週末も、また畑に行ってきます。



posted by 杉本佳江 at 13:27| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする