2014年11月13日

サンディエゴ・ゲルソン療法ワークショップの旅〜2日目〜朝スムージー会@広尾のtrueberryさん

2日目の朝は、広尾の「スーパースムージー、コールドプレスジュース、ロースイーツのTrueberry」さんへ。

サンディエゴ出発前に会いましょう!と、ホリスティックヘルスコーチの二宮香里さんが企画してくださった朝スムージー会。近しい方たちが集まってくださいました。

day2_with_friends.png

香里さんのほかには、ローフードマイスター仲間、イングリッシュカフェ仲間、そしてママ友♡

共通項は、健康意識。みなさま高い意識をもって、それぞれに実践されていらっしゃいます。

というか、いっしょにいておしゃべりしているだけで、ほんわかする仲間♪

久しぶりにお会いしただけで、ポロポロと涙を見せる方も…。得難い友人たちです。

香里さんの可愛い赤ちゃんにも、お初にお目にかかれました♡

day2_trueberry_1.png


■trueberryさんの美味しいスムージーと楽しい時間


沖縄でのこと、ゲルソン療法のホームセットアップトレーナーに興味を持った経緯、子どもの小学校のことなど、ただ笑いながら話しているだけで幸せな時間でした。

trueberryさんの美味しいスムージーをいただきながら♡

ちなみに、私は「パイン、マンゴー、アボカド、ローズマリー」790円をいただきましたが、抜群のセンスですね。すばらしく美味しかったです。(画像左)

day2_juice.png

ローフードを実践されて、ご主人の血糖値が2週間で396→146へ下がった方の奥様。今でも野菜中心でスムージー生活を続けていらっしゃるとのこと。血糖値の状態もよいと、嬉しいご報告をいただきました。

今回、アメリカでローフードの本を何冊か購入したのですが(日本のアマゾンでも買えますが、アメリカのアマゾンで買って現地で受け取ると1冊につき1,000円ほどお安いです)、それらを読んでも改めてローフードは結果の出やすい食事法だなと感じました。

来沖直前にゲルソンランチパーティを開いて、初めて私にゲルソンフードを教えてくださったシゲさんのお嬢さまもいらしてくださいました(T_T)

そして、沖縄でカフェをオープンする予定という方もご紹介いただきました。こうやって、よいタイミングでよい出会いがあるものですね。


■噂のコールドプレスジュース


東京では、コールドプレスジュースなるものが流行っていると聞きましたが、ノーウォーク・ジューサーで絞ったジュースですね。

trueberryさんにも、いろんな種類のコールドプレスジュースがありましたよ!

day2_juice_price.png

どれも美味しそうですね♡

お高い〜(°▽°)と感じるかも知れませんが、このジューサー自体が個人輸入で35万円ほどかかります。そして、パルプを除去するジュースなので、材料もたっぷりと使います。

それに、低温圧搾という独特な絞り方で、お野菜や果物の栄養素をギュ〜っと絞りきるので、そのクオリティと効果はやはりちがうと思います。

我が家では、にんじんジュースとグリーンジュースしか絞ったことがはりませんが、ノーウォーク・ジューサーのデトックス効果の高さを家族で体感しています。この件については、別記事で〜

day2_trueberry.png

turueberryのオーナーの直子さん、マネージャーの美香さんにご挨拶させていただきましたが、お二人とも素敵な笑顔♪当日は、松田麻美子先生の講演会へ出店ということで大忙しでした。

そして、私たちも同じ会場へと移動。

日曜日の朝早く、広尾にお集りくださったみなさま、本当にありがとうございました。


■成田直前〜松田麻美子先生の講演会で


麻美子先生が講演前に、お時間を取ってくださるとのこと。

麻美子先生とはSHR会報発行のお手伝いをさせていただいている関係で、大変お世話になっております。渡米前に一目でもお会いできればと向かいました。

松田麻美子先生とのツーショット

麻美子先生の新刊本『「フォークス・オーバー・ナイブス」に学ぶ超医食革命』といっしょに記念撮影。

そして、ローフードの恩師、いけやれいこ先生とも、沖縄の自然農シークワーサーと♪

いけやれいこ先生とのツーショット

お二人にもお会いできて勇気をいただき、成田へダッシュ!ここから1本の電車もまちがってはいけないほど、タイトなスケジュールです。

posted by 杉本佳江 at 22:50| Comment(0) | ゲルソン療法WS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

サンディエゴ・ゲルソン療法ワークショップの旅〜1日目〜@東京

10月23日〜25日にアメリカのサンディエゴで行われた、ゲルソン療法のワークショップ「ゲルソン・ベイシックス」に参加しました。

10日間の旅の主目的はゲルソンワークショップですが、東京、アメリカのローフード・ベジタリアン事情を見てこようとプランを練りました。


■人生初のひとり旅


長い別れに、ニモは照れ隠しでしょか??

1day_nimo.png

「チケット見せてください〜。ここからは、入れません」と急に呼び止められた主人とニモ。

え!?ここでお別れ?

「もうすこし、いいですか?」と私。
「ダメです。すぐに行ってください」と係の人。

突然のことに思わずポロポロと泣けてしまった私に、「あと15分くらい、だいじょうぶですよ」と言いに来てくれた係の人。

ただの10日間の旅行なのに、あの担当者はどんな状況を想像して「あと15分くらいだいじょうぶ」と言ってくれたのでしょ…

1dai_to_tokyo.png

家族と別れて、北アメリカ大陸初上陸の一人旅がはじまりました。


■東京のローフード&ビーガンレストラン・レジュベさん訪問♡


成田に到着し、空港にスーツケースを預けて東京へダッシュ〜

石塚ともさんちで共にれいこ先生のローフードマイスター講座を受けたゆきさんと「ローフード&ビーガンレストラン・レジュベ」で待ち合わせです。

1day_r_1.png

限られた東京滞在ですが、「レジュベ」さんは絶対に外せない!と、ゆきさんに予約していただきました。

沖縄のこと、ゲルソンのこと、ローフードのこと、ゆきさんがはじめたヨガのこと、山ほどある積もる話。どこから話してよいのやら…そんな楽しいひとときを、心のこもったローフードをいただきながら過ごせるのは本当に幸せなことです。

しゃべりまくる私たちのテーブルに運ばれてきたのは〜

1day_r_2.png

オープンツナサンド。こちらはオニオンブレッドとツナパテ(もちろんローヴィーガンです)のコンビ♪

「うん、これ美味しい〜!」キュウリをあしらうことで、さっぱりといただけました。

1day_r_3.png

欲張って、RAWハンバーグオープンサンドも注文!

ローのハンバーグに、ソースがとってもマッチしたオーナーのセンスが光る一品でした。これでもう、かなりお腹いっぱい!

でも、もちろんスイーツも〜♡

1day_r_4.png

左がローアイスクリームで、右がパンプキンプディング(加熱)です。どちらも大満足!

1day_r_5.png

オーナーの本島ちかさんとはお初にお目にかかりましたが、ローフード仲間のDr.ふーみんからよくお話は伺っていたので、お会いすることをとても楽しみにしておりました。

ちかさんは、仕事のできる才女というイメージ。神楽坂にローフードレストランをオープンさせたことは、ローフード業界でもビッグニュースでしたね!

お話を伺ってみると、とってもソフトで、はにかんだ笑顔の可愛らしい方でした。

レストランだけでなく、ローフード講座なども開かれています。そして、勢力的に健康情報のキャッチアップをされいますね。

今後のご活躍、ますます楽しみです♡


■ホテルで仙太郎のぼたもち


夜の別腹は、三越銀座で「全部ください!」と死守した「仙太郎のぼた餅」を〜♡

1day_sentaro.png

ぼた餅は賞味期限が当日なので、沖縄までお取り寄せができないのです( ̄▽ ̄;)!!

来沖以来、どれほどこの再会を楽しみにしてたことか…

ヴィーガンですしね♡「白砂糖を使ってる」なんて、野暮なことおっしゃらないでくださいませ。

ホテル備え付けの日本茶を湧かして、ぺろっといただきました。ごちそうさまです。

ホテルの予約までしてくださった、ゆきさん、本当に楽しい時間をありがとうございました♡


posted by 杉本佳江 at 09:44| Comment(0) | ゲルソン療法WS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする