2012年11月20日

断食で風邪を治す!A〜ファスティング1日目〜

さて、ファスティング1日目です。

朝起きて、あんまり具合が悪いので、ファスティングすることに決めました

■私のファスティングアイテム


酵素ジュースのファスティングは、すんごい流行ってますね。私は酵素ジュースにこだわっている訳ではないのですが、正直、酵素ジュースのファスティングはラクです♪

私の経験では、ほとんどお腹が空きません。酵素ジュースがしっかりと甘いんです。そして、脳が納得するのだと思っています。

個人的には、酵素ジュースで酵素が摂れるかというとそれは疑問に思っています。というのは、市販されている瓶詰めの商品は必ず高温殺菌処理をしているからです。

私が酵素ジュースを使う理由は「ラクだから」です。

酵素ジュースの原料には砂糖がたっくさん使われているので、発酵して成分が変わっているといっても甘いものには変わりませんからね。

ちなみに、酵素ジュースの選び方ですが、せっかくなのでまじめなものを選んだ方がいいと思います。あんまりお安いのは、果物ジュースが混ざっているかも知れません。少なくとも野草やパパイヤなどの原料を1年半ほど熟成させたものがよいと思います。


yaso-shizuku.jpg酵素飲料「野草の雫」
720ml/6,300円 (税・送料込 )
発酵に1年ほどかけ、白い砂糖を使っていないのがよいと思います。原材料は、野草、野菜、果物、海藻などを使っています。


私が今、使っているのは「野草の雫」です。

日本リビングビューティ協会オススメのもので、きちんとしていると思います。が、「野草の雫」でなくても他にも同程度のレベルのものはたくさんあると思います。

720mlで5000円以下の酵素ジュースは、なんとなく私は手が出ません。8,000円くらいがまじめかなぁと勝手に思っていますが、これは6,300円で送料込みなら、まあまあお得感があるかな、という印象です。


■ファスティング初日〜午前中の様子


こんな具合の悪い日に限って、しっかりと仕事が入っています。

背中の広範囲が痛い…、具合が悪い…、絶えず咳き込みたいような不愉快な感じのまま、パソコンに向かいます。左手には酵素ジュース。ひたすらパソコンをカタカタ。

お腹は空きませんでした。結局その日は、酵素ジュース500mlを3杯ほど、番茶500mlを2杯ほど飲みました。


■具合が悪いけど、気持ちは元気〜という感覚


締め切りがあったので、仕事はけっこう進みました。

確かに具合は悪いのですが、気分(精神的)はよくて、気持ちは元気です。不調な体と精神が分離している感じです。これはローフードをはじめてから感じるようになった感覚のように思います。

それと、これくらいの大風邪をひいたら、数日なにもせず寝込んで動けなかったものですが、ローフードをはじめてから具合が悪いなりにちゃんと動けるようになりました。

疲れ果ててお昼寝をして、また復活という感じです。

ファスティングをしたので「体の調子を整える」ことにエネルギーをたくさん使えたようです。

1時間のお昼寝をしました。このお昼寝で、だいぶ体調はよくなりました。

が、まだまだすごく喉は痛いし、大きな風邪の序章という感じです。

こうしてファスティング一日目は、無事に終了しました。

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
断食で風邪を治す!@
断食で風邪を治す!B〜ファスティング1日目の夜〜


posted by 杉本佳江 at 06:29| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

断食で風邪を治す!@

kusuri.jpgローフード生活をしていると、余計なものを体に入れたくないなぁという気分になってきます。

その余計なもののひとつが「薬」です。

病院でもらう薬の多くは、対症療法の薬。症状を和らげるためのもので、病気は治しません。

「病院の薬を飲むと、確かにラクになるんだけど、風邪が長引くなぁ」と感じたことがあります。

症状は、体の中の悪いものを追い出すデトックス作業のひとつです。症状を止めるということは、デトックス作業を止めてしまう、ということですね。

よく言われるのは「熱を下げてはいけない」ということ。免疫細胞がウィルスなどと闘っているところなので、これを止めてはいけません。40度も上がって脳に問題が出そうな状況はもちろん例外ですが、決着がつけば熱は下がります。

逆に、熱の出ない風邪は長引くそうです。

一週間前ほど、風邪をひきました。ものすごく喉が痛くて、絶えず咳き込みたい感じ。そして、経験したことのないような広範囲の背中の痛み。

これは、断食だなぁ…

ちょっとだるいくらいだったら、普通に食べていても治るのですが、これはレベルがちがうなぁと感じました。


■風邪が悪化した理由…


wine.jpgなぜこんなに悪化したかと考えると、ワインですね…

喉の痛みが悪化したり、よくなったりを1週間ほど繰り返していました。もうすこしでよくなるなぁというとき、ワインを飲んでまた悪化。最終的にはひどい状態になってしまいました…。

ワイン、大好きなんです。こともあろうに、チーズといっしょにいただいていました…。

お酒って、やっぱりよくないんだなぁと実感しました。

ということで、その朝から食べるのを止めてみました。


■なぜ、断食をすると病気が治るのか


それは、消化に使う酵素を節約して、治癒などの代謝にまわすからです。

それだけです。

意外と消化には酵素が必要で、そのせいで代謝がおろそかになることがあります。消化に使う酵素をゼロに近づけることで、徹底的に治していこう!というのが断食です。

子どもの頃、犬を飼っていたのですが、具合が悪いときはエサを食べようとしませんでした。「動物は断食して病気を治すのよ」と、母が言ったのを今でもよく覚えています。これをやるわけです♪

「病気をしたら、栄養をつけて!」と言われますが、逆のようですね。

ナチュラルハイジーンの松田先生の本を読んでいると、「水だけの断食で、糖尿病は素晴らしく改善する」などの記事があります。もちろん、専門医のアドバイスの元ですが、なんとなくこの話がしっくりとくるのです。

ということで、やってみましたよ。水だけはちょっと大変なので、私は酵素ドリンクを使います。結果として3日ほど断食をしました。断食レポートは後ほど。

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
断食で風邪を治す!A〜ファスティング1日目〜
断食で風邪を治す!B〜ファスティング1日目の夜〜

posted by 杉本佳江 at 23:26| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする