2013年02月11日

断食で風邪を治す!C〜ファスティング2日目

風邪を治すために断食をして、二日が過ぎました。この日も、仕事は着々と進み、酵素ジュースを飲みながら断食を続けます。ほんと、この酵素ジュースは飢餓感を感じずラクなファスティングです。


■1時間のお昼寝で回復


cold.jpg午前中、しっかりと仕事をしたので、風邪の辛さから頭痛と眠気に襲われました。そこで1時間のお昼寝をしました。

この1時間のお昼寝が、風邪には効いてきます。

普段も、明け方まで仕事をして、ちょっと睡眠時間が足りなかった…などというときは15分とか30分のお昼寝をしますが、このお昼寝でものすごく体力を回復するので隙間を作っては超短時間のお昼寝をすることがあります。

風邪にも、とても効果がありました。また体力がついて、午後の仕事に入れます。


■喉が痛い時のアイテムはマヌカハニー


私が、喉の痛み対策で愛用しているのがマヌカハニーです。マヌカハニーはすごく種類も多く、どれを選んだらよいか迷ってしまいますが。私はこちらのマウンテンバレー農場のマヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)と決めています。

honey.jpg

マヌカハニーはUMFという殺菌・抗菌成分を評価した数字つきのものが一般的です。その数字が高い方が効果が期待でき、お高いです。

私が愛用しているマヌカハニーには、これがありません。UMFというお墨付きに参加していないことに好感が持てます♪

このはちみつは、ある老夫婦が作っていたのですが、高齢のためリタイアしてしまいました。でも、同じ考えで後継してくれる若い夫婦が見つかり、その方たちが作っていると聞きました。この素朴な感じもよいです♪


■マヌカハニーを選ぶポイント


私が、マヌカハニーを選ぶポイントは、以下の4点です。

  • 非加熱である

  • オーガニックである(肥料や農薬を使っていない自然のもの)

  • 抗菌効果がある(喉の痛みが取れる)

  • 美味しい♪

そのうえ、マウンテンバレー農場のマヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)には、以下のようなユニークな特徴があります♪

  • 生産者自らが巣箱を管理し収穫後も自分の作業所でビン付けする(工場や大型機械を通さない)

  • 現地のその土地へ行かなければ手に入らず、空港やお土産店で販売されていないもの(非大量生産)

  • ミツバチが元気であること

  • 巣箱の環境がよいこと

  • 生産者が誇りを持って楽しく生産していること

  • 蜜蜂そのものの個性を楽しめる味であること

  • 原生花を蜜源により個性的な味を楽しめること

一般的なUMF印のマヌカハニーには「非加熱」の明記がないのも、手が出ない理由です。書いていないということは、加熱してるのかも知れませんね。はちみつは、はやり非加熱を選びたいですね。


■マヌカハニー喉の痛みの効果


ひどく喉が痛いとき、マヌカハニーをスプーンでひとなめ。喉を通過するときに痛みが引きます。とはいっても、また痛くなるので、もう一口マヌカハニーを食べます。

ということを1日、3回ほど繰り返して、そのときの痛みをしのぎます。あまり食べ過ぎると甘いものの摂り過ぎが気になるのでほどほどに。しかも、蜂蜜はローフード的には「蜂の食べ物であって、人は消化する酵素を持っていない」という理由であまりオススメしていません。

でも、ま、そんなお堅いことは言わず、喉の痛みを軽減する効果は実感できるので、風邪などの喉の痛みには必須異アイテムとして年中、切らしていません。

manukahoney.jpgマヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)250g入り
1,900円 (税込・送料別 )

マヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)500g入り
3,000円 (税込・送料別)
nativehoney.jpgネイティブブッシュ蜂蜜250g入り
1,400円 (税込・送料別)

ネイティブブッシュ蜂蜜500g入り
2,500円 (税込・送料別 )


このショップから買っているのですが、ときどきサイトのデザインが崩れています( ̄▽ ̄;)ノ 購入ボタンは、下の方にあるので、最後までスクロールしてみてください…


ネイティブブッシュの蜂蜜は、いわゆる百花はちみつ、といった感じでしょうか。

原生林に咲く、ネイティブの花々から集められました。主な花は、マヌーカ(マヌカ)、カマヒ、ロータスメジャーなど。毎年、花のバランスは微妙にちがいます。

という説明がついています。こちらも美味しく、喉の痛みも取れますが、なんとなくマヌカにこだわっています。

瓶とラベルのデザインも可愛らしくて、キッチンに置いたときの雰囲気も気に入っています♪

ちなみに5歳のニモもこのマヌカハニーが大好きで、子供が風邪をひいたときも必ず眠る前にひとなめあげています。


ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
断食で風邪を治す!@
断食で風邪を治す!A〜ファスティング1日目〜

断食で風邪を治す!B〜ファスティング1日目の夜〜

posted by 杉本佳江 at 02:43| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

断食で風邪を治す!B〜ファスティング1日目の夜〜

「断食で風邪を治す!」の続きを待っていると、友だちからメールをもらったので書きますね。すっかり忘れていました…失礼いたしました。

もう3ヶ月も前のことで、記憶が…。思い出せるところから書いていきます。

■断食一日目の夜


一日目は、すごく具合が悪いなか、なんとか仕事は進めることができました。そして、温かくして眠りました。

ものすごく汗をかいて、熱が上がりました。昼間は熱っぽくなかったのですが、眠ったら急に熱が出てきました。

熱は、無理やりに下げてはいけません。体が闘っているところですから、放置します。熱が辛くて熱冷ましの薬を飲むと、風邪は長引いてしまいます。

余談ですが、がん細胞も40度くらいの熱には弱いといいますし、体温が1度上がると免疫力が30%アップするとも言われています。体温は大事ですね。

とにかく具合が悪く、不愉快でした。ということで眠りにつくまで足裏のマッサージをしました。

■風邪の症状に足裏マッサージは効果あり


足裏マッサージは、私が中学生のころ、母が友だちに教えてもらってきたのがはじまりです。受験勉強で寝つけないとき、よく母が足裏マッサージをしてくれました。

当時から大事に持っている本がこれです。

sokushindo.jpg

フォントも古く、編集の工夫もなく、とりとめのない文章で見づらいと感じることもあるのですが、内容が深く、しかもツボが合っていて(と、私が言うのもおこがましいですが…)とにかく効果が高いです。

足つぼは「この症状にはココ!」というのがひとつでも増えればいいなぁと思っています。即効性を感じるツボもあれば、徐々に効いいてくるツボもあります。

■風邪に効く足つぼはココ!


そして、私の「風邪のツボ」はこの本で学んだ「土踏まずあたり」です。

feet2.jpg

上から、鼻、のど(気管支)、肺と下がってきます。鼻がつまっているとき(風邪や花粉症など)鼻のところを根気よくもんでいると、あるタイミングですーっと鼻が通ります。

喉が痛いときは、喉のツボあたりが痛痒くなります。喉のツボを揉み続けると、やんわりと喉の痛みが引いていきます。

左右の足裏、交互に同じ場所を押します。本にはもっと押してほしいと思うくらいでやめるのがよいと書いてありますが、ひどい症状がある場合は、できるかぎり押していきます。

おもしろいくらいに、このツボは効果があるので、ぜひ試してみてください。

喘息などが辛い子供も、この土踏まずあたり呼吸器系のツボは、効果があります。
喘息の子供のママ友に教えたら、感謝されました♪

■足ツボマッサージのやり方


この土踏まずあたりを中心に、親指をはじめ、足の指、かかと周辺の腸のツボを1時間くらいは押しました。喉だけでなく身体全体のツボを押してやると、内蔵やらなにやらが相互に助け合って、身体がよくなる気がします。ということで、足全体も揉みほぐします。

「土踏まずといっても、どこがツボだかピンとこないなぁ」というときは、しばらく押してみます。そうすると、だんだんと悪い部分のツボに痛みを感じてきます。その痛みを感じる部分(痛痒いと感じることもあります)がツボなので、そこ重点的に押していきます。

最終的に症状が収まると、足裏のツボの痛みもなくなります。

症状がだんだんと和らいで、気分も落ち着いて、眠りにつきました。


sokushindo_new.jpg足心道 究極の足ツボ療法
柴田當子著
1,427円(通常配送料無料)

宗家直伝 足心道―健康の泉 足のウラにあり(←これは私が持っている方です)の最新バージョンだそうです。こちらは、古本で高いお値段がついてますね…大事にしよ…


アマゾンでレビューもなく、地味な本ですが、しっかりしていると思います。


■2日目朝〜風邪の症状はだいぶ軽く♪


朝、起きると大量の汗。シャワーを浴びてリフレッシュして、また仕事です。寝起きもよく、症状もがらっと軽くなっていました。食べないことで、エネルギーを消化以外の代謝にまわせている感じを実感します♪

とはいっても、最初の症状が重すぎたので、風邪の辛さはまだまだ残っています。激痛は去りましたが、まだ喉は痛かったです。

2日目も酵素ジュースを使った断食をします。

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
断食で風邪を治す!@
断食で風邪を治す!A〜ファスティング1日目〜






posted by 杉本佳江 at 23:32| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

断食で風邪を治す!A〜ファスティング1日目〜

さて、ファスティング1日目です。

朝起きて、あんまり具合が悪いので、ファスティングすることに決めました

■私のファスティングアイテム


酵素ジュースのファスティングは、すんごい流行ってますね。私は酵素ジュースにこだわっている訳ではないのですが、正直、酵素ジュースのファスティングはラクです♪

私の経験では、ほとんどお腹が空きません。酵素ジュースがしっかりと甘いんです。そして、脳が納得するのだと思っています。

個人的には、酵素ジュースで酵素が摂れるかというとそれは疑問に思っています。というのは、市販されている瓶詰めの商品は必ず高温殺菌処理をしているからです。

私が酵素ジュースを使う理由は「ラクだから」です。

酵素ジュースの原料には砂糖がたっくさん使われているので、発酵して成分が変わっているといっても甘いものには変わりませんからね。

ちなみに、酵素ジュースの選び方ですが、せっかくなのでまじめなものを選んだ方がいいと思います。あんまりお安いのは、果物ジュースが混ざっているかも知れません。少なくとも野草やパパイヤなどの原料を1年半ほど熟成させたものがよいと思います。


yaso-shizuku.jpg酵素飲料「野草の雫」
720ml/6,300円 (税・送料込 )
発酵に1年ほどかけ、白い砂糖を使っていないのがよいと思います。原材料は、野草、野菜、果物、海藻などを使っています。


私が今、使っているのは「野草の雫」です。

日本リビングビューティ協会オススメのもので、きちんとしていると思います。が、「野草の雫」でなくても他にも同程度のレベルのものはたくさんあると思います。

720mlで5000円以下の酵素ジュースは、なんとなく私は手が出ません。8,000円くらいがまじめかなぁと勝手に思っていますが、これは6,300円で送料込みなら、まあまあお得感があるかな、という印象です。


■ファスティング初日〜午前中の様子


こんな具合の悪い日に限って、しっかりと仕事が入っています。

背中の広範囲が痛い…、具合が悪い…、絶えず咳き込みたいような不愉快な感じのまま、パソコンに向かいます。左手には酵素ジュース。ひたすらパソコンをカタカタ。

お腹は空きませんでした。結局その日は、酵素ジュース500mlを3杯ほど、番茶500mlを2杯ほど飲みました。


■具合が悪いけど、気持ちは元気〜という感覚


締め切りがあったので、仕事はけっこう進みました。

確かに具合は悪いのですが、気分(精神的)はよくて、気持ちは元気です。不調な体と精神が分離している感じです。これはローフードをはじめてから感じるようになった感覚のように思います。

それと、これくらいの大風邪をひいたら、数日なにもせず寝込んで動けなかったものですが、ローフードをはじめてから具合が悪いなりにちゃんと動けるようになりました。

疲れ果ててお昼寝をして、また復活という感じです。

ファスティングをしたので「体の調子を整える」ことにエネルギーをたくさん使えたようです。

1時間のお昼寝をしました。このお昼寝で、だいぶ体調はよくなりました。

が、まだまだすごく喉は痛いし、大きな風邪の序章という感じです。

こうしてファスティング一日目は、無事に終了しました。

ico_pen1-2.gifブログ内関連記事
断食で風邪を治す!@
断食で風邪を治す!B〜ファスティング1日目の夜〜


posted by 杉本佳江 at 06:29| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする