2014年04月24日

松田麻美子先生とのお食事会〜6才の息子が「なんでお肉だめなの?」

4月18日、19日の2日間、松田麻美子先生のナチュラルハイジーン講演会が沖縄県那覇市で開催されました。

蒸留水器の販売スタッフとして、ブースを出させていただき、念願だった松田麻美子先生とのお食事会にも参加するという機会に恵まれました!

ところが、主人が急な東京出張。6才の息子、ニモも同席することとなりました。


■松田先生の隣の席で「なんでお肉だめなの?」発言!


 mamiko_nimo.png

家ではお肉はもう調理しないのですが、外食では、子どもと主人は肉やお魚をいただいていました。

久しぶりの外食とあって、すごく楽しみにしていたニモ。

とはいっても今回は松田先生との会食。講演でも、動物性食品の弊害について大きく時間を割いていらっしゃり、ここでニモがお肉を食べるのは難しい…という私の大人の事情。

「今日は、お肉はやめようね」と言ったのが気に入らなかったのか…松田先生の隣の席で

「なんか退屈〜」とごね出して、

「どうして今日はお肉食べちゃだめなの?いいって言ったじゃん!」ぺろ〜んと吐き捨てるニモ!

一瞬、凍りつくテーブル。(実際はちがったかも知れませんが、私はそう感じました…)

私の心中、お察しいただけますでしょうか〜


■「お肉は体に悪いのよ」


ローフード仲間が「1年生なのに、じっと座ってられてえらいね。うちの子なんて無理よ」などとフォローをしてくださいました。みなさん初対面でも本当に心やさしく、ありがたかったです(T_T)

そして、松田先生がニモに向かってひとこと。

「お肉は、体に悪いのよ」とキッパリ。

子どもに対しても一切妥協せず、スタンスを変えない麻美子先生、その毅然とした姿勢にインパクトを受けました。

結局、ビュッフェをひとまわりして豚足の煮物を見つけたニモ。「これはちょっとグロテスクだね〜」と言ってスルー。炭焼きチキンを発見してそれを3切れ、そしてフルーツをお皿にのせて帰りました。

松田先生も「普段から正しい食事をしているお子さんは、こうやって落ち着いて座っていられますね」とおっしゃってくださり、その後は、ローフード仲間との楽しいお話で盛り上がりました。

でも、私の心の中はなにかひっかかったものが…


■「お肉、お薬の味がして美味しくなかった!」


家に帰ると、どうもニモの様子がおかしい。

「お肉を食べていいって言ってたのに、ごめんね」と謝ると、いきなり泣き出しました。

「お肉、お薬の味がして美味しくなかった!もっとフルーツが食べたかった」と言って、泣き止みません。

雰囲気もあって、のどを通りにくかったのかと思い「本当にお薬の味がした?」と確認すると

「うん。お薬の味だった。もう、お外でもお肉食べたくない。もし僕が忘れて食べたいって言ったら、ママ、僕に強く教えてね」と念を押します。

お腹が空いているというので、カットしたグレープフルーツ1個を完食。「美味しい〜」と、ようやく落ち着きました。

実は、「お肉はお薬の味がする」とニモが言ったのは、これで4回目で、もう珍しいことではなくなってきました。


■子どもが食について自分で考えるということ


大根の花安謝店のサラダ

今は、両親の考えと選択で食事をしていますが、将来は、自分で何を食べるかを選択していきます。

子どものうちに、食について経験して考える機会があることは本当に恵まれていると思います。

「松田先生、お肉はなんて言ってた?」と聞くと「体に悪いって。もういらない♪」。

しかも、あの「フォットフォーライフ」の松田麻美子先生から直接、教えていただく機会があるなんて、ニモは本当にラッキーな子です!

やはり信念を持って実行し語られる麻美子先生は、そんなインパクトをお持ちだと感じました。

出張から戻った主人、ニモとお風呂に入りながら「松田先生に会ったんでしょ?どうだった?」

ニモ「松田先生、すごい人だった。パワーがあるの。お野菜を食べてるから〜」

ニモのことを麻美子先生にお知らせしたところ「ヘルシーに食べることの大切さをとても純粋な気持ちで学んでくださったのだということを知り、どんなにうれしかったかしれません」と温かいメッセージをくださいました。

素敵なきっかけを作ってくださった、松田麻美子先生、ありがとうございました!


■おすすめの松田麻美子先生の著書


フィットフォーライフ「フィット・フォー・ライフ
−−健康長寿には「不滅の原則」があった!」
フィットフォーライフ
「1985年に初版が世に出て以来、今日までに世界で1000万部以上が刊行されたロングセラー
2,268円
子どもたちは何を食べればいいのか子供たちは何を食べればいいのか
―子供のからだは家族が守る!
子どもたちは何を食べればいいのか
子どもを病気にさせてしまう誤った食習慣を見直し、体にふさわしい食事による健康づくりを紹介
1,512円

50代からの超健康革命―
「第二の人生」を幸福に過ごすために

松田先生が、この本のタイトル「30代からにすべきでした」と。当時は50代ころから調子が悪くなりますが、今は30代に低年齢化しているそう。
1,944円
女性のためのナチュラル・ハイジーン
生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!

「ナチュラル・ハイジーン」式体内クレンジングですべての悩みに永久にサヨウナラ!生理痛がなくなる!肥満解消!お肌も体も若返る!乳ガンも怖くない!そして、お金もかからない。三週間後、天使のような体を感じてください。
1,728円


posted by 杉本佳江 at 14:25| Comment(0) | 講演会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

オーガニック生活セミナー&交流会に参加いたしました♪

6月13日(木)に行われた「オーガニック生活」の編集長・山本由紀さん主催の「オーガニック生活セミナー&交流会」に参加いたしました。

「オーガニック生活」は、ファンクション5というブログシステムで運営されているグループです。オーガニック、アロマ、ホリスティックヘルス、ヨガ、手づくりコスメ、ローフードなど、健康に関連するテーマで仕事をしている方々の集団で、「健康オタクになるのではなく、幸せな人生を送るためのオーガニック情報をお届けする」という目的を持っています。

今回はどなたでも参加できる交流会で、「オーガニック生活」メンバーのうち、ホリスティックヘルスコーチの二宮香里さんと、オーガニックライフアドバイザーの和田賢治さんがセミナーをしてくださいました。

■二宮香里さんのセミナー


二宮香里さんは、「食と子どもとココロの深い関係」と題して、
    kaori.jpg
  • 現代栄養学とホリスティック栄養学のちがい
  • 脳のこと
  • 腸のこと
  • 食べ物と心のこと

などをレッスンしてくださいました。

腸は大事だ〜!と聞いていたし、思っていたのですが、具体的な情報としてはほとんどノーマークだったので、たくさんのインプットをいただきました♪これから、もっと「腸」に注目していきたいと思います。

■和田賢治さんのセミナー


和田賢治さんは、「賢い消費者であるために〜オーガニックとは?」と題して
    和田賢治さん
  • オーガニックの定義
  • 農薬のリスクについて
  • 遺伝子組み換え食品について
  • 賢い消費者になるためのヒント


などをレッスンしてくださいました。

いわゆる自然食品店に並ぶ「オーガニック」「減農薬」と表示されている食材。これがどこまで信頼に値するのか、などは一消費者として考えさせられます。ますます情報を集めて、賢い消費者となってゆきたいと思いました♪

それと、和田さんは気になることがあると農水省に電話するんだそうです。意外と親切に答えてくださるとのこと。税金を払っているのですから、これは活用しないとですね♪よいこと教えていただきました〜

■今回のセミナーで学んだこと


コンテンツだけでなく、私がとっても学んだなぁと思うのは、おふたりの情報の伝え方です。それぞれのポイントをご紹介しますね。

■二宮香里さんの場合


二宮香里さんは、専門用語を用いながらとっても論理的に説明されるのですが、固くないんです。私の聞きちがいかも知れませんが、善玉菌を「善玉くん」、悪玉菌を「悪玉くん」とおっしゃっていたような〜 (´▽`)なんだかほんわかするんです。

そして、最後のポイントとして、「完璧を目指さない」ということを挙げていらっしゃいました。守れなかった、うまくできなかったという罪悪感やストレスなどの精神的な要素が与える健康への影響を指摘されているのだと思いますが、このポイント、とっても納得しました。

ローフードのレッスンをすると、「わかりやすい」「納得する〜」とおっしゃっていただくことが多いのですが、たまに「カルチャーショック (゚o゚;;」とショックを受けてしまわれる方がいらっしゃいます。

「朝ごはんを果物にしてみましょう〜」というポイントだけでも、高い高いハードルと感じる方がいらっしゃるんですね。

ローフードは実践すればするほど効果が得やすいのですが、「はじめてみる」「続ける」ということはもっと大切ですね。学ばれる方がどのレイヤーにいらっしゃるかを把握して、お伝えの仕方も考えなくてはなぁと思っていたところ、香里さんのお話のされ方、とても参考になりました。

■和田賢治さんの場合


和田賢治さんは、ご自分のプロフィール紹介に長〜い時間をかけていらっしゃいました。その内容は、ご自身のアトピー性皮膚炎についての経験です。

子どものころのこと、お医者さまに勧められるままに続けてきたステロイド治療、大人になったら治ると信じていたこと、食の大切さを実感するに至るまで…そのストーリーに吸い込まれます。

「オーガニックってお高いじゃない〜」「毎回、ひっくり返して成分チェックするのもストレス…」というような方もいらっしゃるかも知れません。でも、和田さんの体験を聞くとその努力の重要性を肌で感じられ、大きな動機づけとなると思いました。

単に情報としてコンテンツをお伝えするだけでなく、その必要性を感じられるようにアプローチするってとても大事だなぁと思いました。

と、大収穫のオーガニックセミナー交流会でした。山本由紀さん、大役、お疲れさまでした(^▽^)/


ico_pen1-2.gif関連記事
ホリスティックヘルスコーチのマインドフルライフ
二宮香里さんのブログです。

食で健康と美しさを手に入れる
和田賢治さんのブログです。

オーガニックライター☆ミラコレがお届けする美と健康と幸せのためのオーガニック情報

オーガニック生活編集長・山本由紀さんのブログです。6月25日の記事に参加者の感想などがまとめられています♪

ナチュラルハイジーンのセルフケア生活
こちらはまだカスタマイズしていない私のブログです…次はナチュラルハイジーン情報ブログをスタートしようと考えています (`_´)ゞ少々お待ちくださいませ。


posted by 杉本佳江 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする