2015年10月08日

ローフードマイスター合格パーティ@自然いぬ。(読谷)

ローフード・ビオ、9月のローフードマイスター検定試験に合格された方たちのお祝いパーティを、読谷の自然いぬ。さんで行いました。

3人合格で、1級合格のお二人共、ローフードマイスター認定校になります。沖縄に新しいローフードの先生が増えるのは嬉しいですね*\(^o^)/*

3月と6月に合格された先輩たちも、参加してくれましたよ。

なぜかこの日は、黄色率が高い…

party_2.jpg

毎回、みなさん高得点での合格に私がびっくりしてしまうのですが、今回は90点台平均、レポートもほとんどA!?

みなさんのローフードへの思いが伝わってくる結果でした。

そのなかのお一人、真理さんはベスト症例賞を受賞されました!

ご友人が、21日間のデトックスレポートで、3.5kgのダイエットに成功され、とても喜ばれたとのこと。なんとバイタミックスも購入、引き続きスムージー生活を続けていると嬉しいご報告です♡


自然いぬ。@読谷の厳選素材!ベジごはん


この日のプランは、読谷の自然いぬ。でランチパーティ。その後、グリーンリーフでお買い物をして、ビーチでのんびり〜というもの。

自然いぬ。の「ねはみすず」さまのベジごはんが本当に!素晴らしかったので、まずはそのご報告です♡

乾杯用のウェルカムスムージーは、モリンガを贅沢に使い、ドラゴンフルーツのドットがエキセントリック。この時点で、みんなの心を鷲づかみです!

ウェルカムスムージー

次に前菜。

かぼちゃのスープにサラダ、ナーベラーのグリル、つぶつぶのテリーヌ。

前菜

かぼちゃのスープは美味しすぎて、息子にほとんど奪われてしまいました…(T_T)

「美味しい島カボチャを見つけるコツは、彫りの深くないものを選ぶ」とみすずさまに教えていただきましたよ。

メインはこちら。

まるで酵素玄米のように美味しく炊いた、玄米と黒米。ベジミートローフにドラゴンフルーツのピクルス、お芋です。

メインディッシュ

沖縄の無農薬お野菜や果物にこだわった仕入れ。小麦もたかきびも、どれも沖縄県産。

みすずさまの素材へのこだわり、そしてそれを存分に生かしたお料理、堪能させていただきました。

こちらは、子供用プレート。4歳も6歳も、ぺろりと食べてしまいました。

星の形は、四角豆(うりずん)ですね。

子供用プレート


真打ち〜お芋のケーキ!


「キャロブパウダーって、こんなに美味しいの!?」と、私のなかで急激に地位を上げたキャロブパウダーの入ったヴィーガンのスポンジがふっかふか〜

豆乳のクリームを挟んで、お芋のクリーム、そして、アーモンドなどでできたクラストまで!

全員がため息、悶絶しておりました(笑

お芋のケーキ

この軽さ、画像で伝わるでしょうか。

ヴィーガンケーキ

ヴィーガンでこのクオリティのスポンジケーキは今まで見たことがなく、お聞きすると、みすずさまはパティシエでいらっしゃるとのこと。納得です。

やはり水分量でこのスポンジの軽さは決まるそうで、保水力については、キャロブパウダーもいい仕事をしているとおっしゃっていました。

さすが考察が、専門的です。


ベジ・健康話題に花が咲き〜


ローフードやベジ料理、健康の話に、話題は尽きず、みすずさまも途中から参加してくださり、パーティはほんわか楽しい雰囲気に♪

ねはみすず

みんなの質問にも快くとても丁寧に答えてくださって、ありがとうございました。

その後、みすずさまから

「すごく皆さんエネルギッシュでキラキラしていて、とても楽しかったです! 杉本さんが皆さんから愛されてるなぁってすごく感じましたぁ♡」

と、嬉しいメッセージをいただきました。

本当だなぁ、私、幸せ者ですね。ありがとうございます(≧∇≦)

みんな笑顔なのに、無頼を気取った我が子を抱えて…の記念写真(*゚▽゚)ノ

集合写真

最後に、ねはみすずさまとの2ショット♪

2ショットみすずと佳江

ビオのローフードマイスター合格パーティは、「ベジご飯を食べに行こう!」とか、「食べて話してホテルブッフェ」とか、ほかにも「プロのお話を聞けるプチワークショップっぽいもの」を企画していきたいなぁと、考えております♪

ローフードを学ばれた方同士で、情報交換をしたり、インスパイアしあったりと、そういう時間になれば嬉しいです♡






posted by 杉本佳江 at 01:23| Comment(0) | レッスンレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

ローフードマイスター卒業パーティ@那覇市

ローフードマイスター1級に「パーティを企画する」というカリキュラムがあります。

9月受験の方のパーティがすばらしかったのでご報告です♪

トロピカルスムージー

ウェルカムスムージーは、赤いドラゴンフルーツと県産マンゴーをメインに使ったトロピカルスムージー

贅沢な食材を上手に使いこなして、素晴らしくバランスのよい美味しいスムージーでした♡

スムージーの準備

一つひとつていねいに、ベリーで飾りつけをします。

パーティの様子

ワンプレートでこのようにサーブしました。

ワンプレート

こちらはフルーツパパイヤのスープ

フルーツパパイヤのスープ

サワークリームで、スープに模様を描いています。黄色と白の組み合わせが美しいです。

スープに模様を描く

竹串を使って、スープに飾りを描いているところです。

実は、このスープはもうお一人の方のレシピ。「誰のレシピだから」ということなく協力して作業なさっていること、素晴らしいと思いました。

マッシュルームのクルミ詰め

マッシュルームにはお肉に見立てたクルミのペーストを詰めています。ゴーヤやもずくなど沖縄の素材を生かした繊細なレシピ。

これが、餃子そっくりのお味でびっくりしました!美味しかったです。

デザートは、マンゴーのチーズケーキ。アーモンドスライスの代わりにカットしやすいブラジルナッツを使いました。

マンゴーのチーズケーキ

初めてのオリジナルレシピでこのクオリティ、素晴らしいです!

そしてこちらが卒業パーティに、生徒さんからプレゼントしていただいてロースイーツです。

ローススイーツ

心を込めて、丁寧に作ってくださったのがよくわかります。息子は一口でパクッ!おやつに美味しくいただきました。

ありがとうございました♡


■ローフードマイスター講座とは



ローフードスクール・ビオでは、日本リビングビューティー協会のローフードマイスター講座を行っております。

この講座は2級、準一級、1級とあり、これらの講座が全6回。そして卒業パーティ、試験勉強会の合計8回で構成しています。

ビオでは最新の栄養学、ナチュラルハイジーンをベースとしたローフードの理論と実践を、教科書をベースに、そしてその内容をかなり発展させてお伝えしています。

ローフードなので、もちろんグルテンフリー(小麦不使用)、精製した白い砂糖、牛乳や卵、お肉などの動物性食品は一切、使いません。

個人的な疑問やニーズに細かく対応できるように、講座では時間の許す限り生徒さんのお話を伺うようにしています。

講座では、たくさん質問をしていただくと嬉しいです。より実践的で充実した講座内容になります♡

健康を目指した食事法はいろいろとありますが、そのなかでぶれることなく、ご自身の軸を持っていただくこと、これもこの講座の目的のひとつです。

体験講座をご用意していますので、ローフードマイスター講座にご興味のある方はチェックしてくださいませ。



posted by 杉本佳江 at 00:35| Comment(0) | レッスンレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

ローフードを楽しく続けるために

「ローフードスクール・ビオ」ローフードマイスター講座では、講座で作ったものをできるだけお持ち帰りいただくようにしています。

例えば、ローフードマイスター準1級で作る、ナッツのおつまみ。

おつまみナッツ

今回は、クルミ、アーモンド、カシューナッツのほかに、パンプキンシード、ヒマワリの種をたっぷりと仕込みました。

これを密封シールして、生徒さんのご自宅にお持ち帰りいただいています。

密封したおつまみナッツ


■作ったものをお持ち帰りいただく理由


講座で作ったものを自宅にお持ち帰りいただく理由は、ご家族とローフードを共有していただきたいからです。

ローフードをはじめると、本人はとてもやる気でも、家族の反対にあったり協力を得られなかったりして挫折してしまうことがあります。

「ローフードって、サラダばっかり食べてるんじゃないの?そんなウサギみたいな生活できるか〜」というのが家族の本音だったりもします。(>_<)

教室で学んだことを話しても、よさをシェアしても、食べてみないとローフードの美味しさや効果はわかりません。

ということで、おつまみナッツやグラノーラ、スィーティーナッツなど、ディハイドレーターで乾燥させたものや、ローボールやローキャラメルなどのスイーツは、持ち帰ってご家族にお味見していただいています。

ローフードは健康によいことを知るだけでなく、「美味しぃ〜!」と思っていただきたいからです♡


■家族もいっしょにローフードを楽しむ


2層のスムージー

こちらはおもてなし用の2層のスムージーです。

準1級の教科書にあるのは、柿や春菊を使った秋冬向けのレシピなのですが、真夏の沖縄では入手困難な食材ばかり。

代わりにゴーヤを使った夏アレンジレシピで実習しました。

こちらのスムージー、生徒さんがその日のお夕飯にご家族に作ったそうです。そうしたら、スムージー嫌いなお姉様が「美味しい!」といって喜んで飲んでくださったと嬉しいご報告をいただきました。

自分が美味しいと思うと、自信をもって家族にも作ってみたくなりますね。

そしてなんと、ブレンダーが壊れたので家族会議でバイタミックスの購入を決定したとのご報告もいただきました。よかったですね♡

バイタミックスは高額なお買い物です。家族の了解がなければなかなか購入へ至らないケースが多いですね。

一人で黙々とサラダを食べるのではなく、家族でローフードを楽しんでいただけることを大事に考えています。

ということで、ビオでは美味しいローフードレシピをご提供すること、そしてそれをお持ち帰りいただくことをとても大事にしています。

私自身、主人の理解(主人が半年で25kg痩せた)があったので、ここまで続けられたと思っています。


■ドライフーズのパックの仕方


ビオでは、ドライフーズはラミジップにパックして除湿剤(シリカゲル)と脱酸素剤(ウェルパック)を入れて、お持ち帰りいただいています。

夏の保存は冷蔵庫です。

シリカゲルと脱酸素剤


<cotta(コッタ) 食品用乾燥剤 シリカゲル
2g(40×50mm)100個入り
549円(税込み・送料無料)

cotta(コッタ) 食品用脱酸素剤 ウェルパック
(30×40mm)100個入り
530円(税込み・送料無料)
セイニチ 「ラミジップ」 ナイロンタイプ
50枚入
サイズ:170×110+33
1,543円(税込み・送料無料)
テクノインパルス クリップシーラー Z-1
3,280円(税込み・送料無料)


シリカゲルと脱酸素剤は、ラミジッップに入れなおして保存です。封をあけてそのままにしておくとあっという間に使えなくなってしまうので要注意です。<ここ大事です!

「100個は多すぎる」と思っても、シリカゲルと脱酸素剤の用途は非常に多いので妥当な数だと思っています。

例えば私は、オニオンパウダーガーリックパウダーなど、すぐに湿気を帯びてしまうものなどには必ず入れています。

そして、ローグラノーラやロークラッカーロークラッカーを作ったときなどはガラス密封瓶にシリカゲルと脱酸素剤を必ず入れているのでたくさんあったほうが安心です。


posted by 杉本佳江 at 23:04| Comment(0) | レッスンレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする