2013年02月21日

砂糖を使わないレモンピール

お友だちと会うときに、お土産でよく持っていくのが、ナッツとドライフルーツ入りのパン・ド・カンパーニュ。

京都の「ORENO PAN」(オレノパン)で買ったものに、レモンピールが入っていたのが美味しかったので、それ以来パン・ド・カンパーニュにはレーズン、クルミのほかにレモンピールも入れることにしました。

冬は柑橘類の旬ですね。国産で無農薬のレモンが手に入りやすい今のうちに、たくさん作って冷凍しておきます♪

レモンピールは、レモンとお砂糖を煮詰めて作るんですが、デーツで作れないかな?と思ってやってみました。

lemonpeel.jpg


<砂糖を使わないレモンピールのレシピ>

  • 無農薬・国産のレモンの皮_300g
  • デーツ_300g
  • 水_300g


<砂糖を使わないレモンピールの作り方>

  1. デーツをフードプロセッサーでかくはんし、水を加えてとろとろにしてデーツペーストを作る
  2. レモンの皮を適当な千切りにする(千切りの状態で煮込みます)
  3. レモンの皮とデーツペーストをよく混ぜ合わせ、レモンがひたるくらいまで水を加える(分量外)
  4. 落し蓋をして、焦がさないように弱火で煮詰める
  5. 広げて乾かす
  6. よく乾いたら小さくカットして冷凍庫に保管する

私は、ピールなどは煮詰めた後、自然乾燥させてから冷凍して保存しています。乾いている方が劣化しづらい気がして。

そして、あまりとろとろとしたピールは、パン・ド・カンパーニュに入れると、生地まで甘ったるくなってしまうのがいやだからです。

仕上げに砂糖をまぶすレシピもありますが、砂糖をできるだけ減らしたくてデーツを使っているので、もったいなくてそんなことできません。ピールは、デーツで煮詰めただけです。

このデーツで作るレモンピール。煮詰めているとき、広げて乾かしているときは、見た目の悪さに心折れそうでしたが、カットしてみると、これもありかな〜と思える仕上がりに♪

甘すぎず、レモンの風味もあって、とってもよい感じです。このレモンピール、パン・ド・カンパーニュに入れたら、美味しそうです!

パン・ド・カンパーニュは、この本のレシピで作っています。

kasuipan.jpgホームベーカリーでつくるシニフィアンシニフィエの高加水パン&ドイツパン
1,575円(税込・送料無料)

気に入って、何年も同じレシピで作っています。グリストミル、リスドォル、ライ麦、全粒粉など、分量は細かいですが、その意味はあると思います。パン・ド・カンパーニュは、バターやミルクを使わないので、マクロビに入れてもらえるでしょうか。

ico_pen1-2.gif関連記事
HB〜ミックスコールのタイミング〜
「ORENO PAN」のレーズン・クルミ・ライ麦パン


posted by 杉本佳江 at 12:33| Comment(0) | ビーガンスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂糖とバターを使わないオートミールクッキー

最近、興味が出てきたのがマクロビ。ローフードの視点から、動物性タンパク質はあんまりいただけないなぁと思っていると、やはり行き着くのがマクロビです。

普段は、ロースイーツを主に食べているのですが、たまには焼いたものも食べたいなぁとクッキーについて調べてみました。

バターが大好きなんです。特に、トーストしたパンに、塩気のきいた発酵バターをつけて食べるシワワセ〜♪

ということで、パンにつけるバターを優先して、他のバター率を減らしてみよう!と考えました。クッキーにバターを入れるなんてもったいない。まずは、バターをオリーブオイルで代替します。これはそんなに難しい話ではありません。


砂糖の代わりになる甘味料は?


d.jpg砂糖を使わないクッキーに「水飴」を入れたレシピをたくさん見たのですが、水飴は砂糖よりはよいんでしょうか…??原料が澱粉なので、よいのでしょうか?釈然としなものがあります。

ローフードの主な甘味料は、デーツ、メープルシロップ、アガベです。アガベは純粋に近いフラクトース(果糖)なので、私は今のところ使ったことはありません。なんだか、よくない気がします。

ということで、砂糖の代わりにデーツを入れてみることにしました。


<砂糖を使わないオートミールクッキーのレシピ>


<砂糖を使わないオートミールクッキーの作り方>

  1. デーツをフードプロセッサーで細かくし、水を追加してよくかくはんしペースト状にする
  2. その他の材料をすべてよく混ぜ、30分ほど寝かせる
  3. 好みの厚さに形成して、180〜190度のオーブンで15分以上焼く

やはり寝かせた方が、デーツなどの甘味が生地全体にまんべんなくゆきわたり、味が落ち着くと思います。

くるみはなんとなくソークして乾燥させたものを使っていますが、なんでもよいと思います。

oatmealcookies.jpg

いろいろと試してみましたが、ひらべったく形成して(上の画像より薄い)、190度のオーブンで片面15分、ひっくり返して5分と、こんがり焼き色がつくくらい(画像よりこんがりと)が香ばしくて美味しかったです♪あれれ、画像にはレーズンは入っていませんね…試作途中の画像でした。

デーツとレーズンで、甘味もじゅうぶんです!

砂糖を使わないといっても、たくさん食べると太ります。試作で1kg、しっかりと太りました( ̄▽ ̄;)!!ガーン マクロビでもローフードでも、スイーツはたくさん食べると、もちろん太ります。

でも、オートミールやナッツがたっぷりなので、お通じはよくなった気がします♪



posted by 杉本佳江 at 00:30| Comment(0) | ビーガンスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする