2016年12月27日

カカオ&チャイマサラRawケーキ

クリスマスにケーキのオーダーをいただきまして、納品したのがこちらです。

chocochai_rawcake1.jpg

カカオ&チャイマサラRawケーキです。

今回は、スワール模様の作り方を研究しました。いろんな作り方があるんですね。

ケーキのスワール模様の動画が少なかったので、手作り石けんの動画をチェックして、失敗なしに簡単にできる方法を見つけました。

スワールのような不規則な模様に、規則的な配列(ホイップとブルーベリー)の組み合わせは、アンバランスで面白いですね。

シックなクリスマスリースをイメージしたデザインです。

chocochai_rawcake2.jpg

常温でも溶け崩れないローホイップを絞りました♪

溶けない配分は決まったので、今後はホイップクリームをできるだけなめらかになるように調整していきます。

chocochai_rawcake4.jpg

こんな感じで納品しました。

「メリークリスマス!ケーキとても素敵で美味しかったです。家族が喜んでいます」と嬉しいメッセージをいただきました。

chocochai_rawcake3.jpg

チャイマサラはいろんな種類がありますが、私のマサラはカルダモンを多めに入れるシンプルなタイプです。

このマサラはチアシードプディングでも美味しいので、覚えておくといろんな応用ができると思います。

カカオ&チャイマサラRawケーキもご好評をいただいたので、講座でもお教えすることにしました。

こちらのページからご確認くださいませ♪

*ビオではケーキの販売はしていませんが、知人に限り材料費をいただいて作って差し上げることがあります。


posted by 杉本佳江 at 02:38| Comment(0) | ロースイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

チアシード・チョコレートムース〜モンキーバージョン(レシピと作り方)

私がとても尊敬しているローフードシェフのJudita Wignallの新しいレシピ本が届きました♪

「Raw and Simple Detox」です。

ジュディタのレシピ本は3冊、持っているのですが、どれも美味しく、いろいろと作っています。どれもていねいなレシピで、完成度が高いです。

juditaのレシピ本

いちばん新しいのが、右ですね♪


そして今回の新しいレシピ本のp152から早速、作ってみたのがこちら。

チョコレート・チア・ムース

8才の息子があっという間に食べ切りました。ムースの質感もよくて、すごく美味しかったです。

チョコ・チアムース

Rawホイップクリームを絞ってみました。軽くてやさしいRawホイップクリームが濃厚なチョコレート味によく合います♡

ちなみにこのRawホイップクリーム、常温で、いつまでもエッジが立っています。1ヶ月、冷凍したものを解凍して絞っています。アイリッシュモス(海藻)は、使っていません♪



■チアシード・チョコレートムース〜モンキーバージョンのレシピ


チョコレート・チア・ムースのすこしアレンジしたレシピを、アレンジした理由とともにご紹介します♪


すべての材料をなめらかになるまでバイタミックスなどのハイパワーブレンダーで混ぜて、小さな器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めます。

材料には、私が使ったメーカーのリンクをつけておきましたので、参考になりましたら♪

ローホイップクリーム



■元のレシピとちがうところ


ジュディタのブログを見ると「これ、すっごく美味しいのに、なんで少量のレシピにしちゃったのかしら。倍量で作ってね」と書いてあったので、2倍量で作りました

ステビアパウダーを入れたら、変な味に…後味が苦いのです。ということでこのステビア風味を消すために、冷凍バナナを1本入れました

バナナを入れたので「モンキーバージョン」ですね♡これが功を奏して、無事、お味がまとまりました。

美味しいステビアがなければ、大さじ1のメープルシロップだけでよいかも知れません。次回はステビアは入れません!

カカオパウダーを多めにしました。

レシチンは半分の量にしました

ジュディタは、レシチンを添加物としてではなくサプリメントと考えているようです。ということで、レシチンたっぷりのレシピが多いのですが、さすがに弱気の半量にしました。

チアシードは、元のレシピの8割の量を入れました。ちょうど袋のチアシードがなくなったからなのですが、100gのチアシードって、贅沢すぎませんか〜??80gでもかなり多めですよね。

チョコチアムースとスプーン

作り方も変えました。元のレシピでは、チアシードは後入れでツブツブ感がありますが、私はシルクのようになめらかなムースにしたかったので、すべての材料を一度にバイタミックスにかけました。

これは正解だったと思います♪

チアシードも撹拌するなら、レシチンとチアシードは全体にもうすこし減らせそうです。

このレシピはダミーということで、ぜひアレンジしてみてください。



■ココナッツミルクは手づくりします


ココナッツミルクは、シュレッドココナッツとお湯、レシチンで手づくりします。

ということで、ココナッツミルクのリンクはミルクではなくシュレッドココナッツをご紹介しています。

「Raw and Simple Detox」のp72に作り方が書いてあります。

デトックスという視点ですと、アーモンドミルクではなくココナッツミルクなんですね。納得です。これはまた別ブログで詳しく♪

市販のココナッツミルクを使わない理由は、カラギーナンが腸の炎症の原因になる疑いがあることと、その他、増粘材などの添加物が入っているからです。

カラギーナンはアイリッシュモスで作る添加物なので、私はアイリッシュモス(海藻)も避けています。



Rawフードレシピ本のご紹介


ジュディタさんのレシピ本で、私が持っている3冊です。日本のアマゾンから購入できるものをご紹介しますね。

Raw and Simple Detox: A Delicious Body Reboot for Health, Energy, and Weight Loss
ペーパーバック 3,324円(税・送料込み)
Raw and Simple: Eat Well and Live Radiantly with 100 Truly Quick and Easy Recipes for the Raw Food Lifestyle
ペーパーバック 3,100円(税・送料込み)
Going Raw: Everything You Need to Start Your Own Raw Food Diet and Lifestyle Revolution at Home
Kindle 3,248円
こちらはKindleなので、ご注意くださいね。ペーパーバックは古本のみあるようです。




posted by 杉本佳江 at 12:01| Comment(0) | ロースイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ロークレープ試作中♡

ローパティシエ講座の準備のために、ロースイーツの試作しまくっておりますが、今回は、ロークレープです。

美味しいロークレープ生地を探してリサーチしてきましたが、そろそろフィックスしそうです♡

クレープの皮

最近は、バナナベースでクレープの皮を作るレシピが多いんですね。こちらは、バナナとナシまたはリンゴをベースにした試作です。

元のレシピはナシですが、年中、手に入らないと困るのでリンゴでも試作。リンゴもよさそうです♡

画像ですと焼いたように見えますが、ディハイドレーターにかけた「生(raw)」です。

今日のおやつは、チョコバナナクレープ♡

チョコバナナクレープ

カシューのバニラクリーム(チアシード入り)の上にバナナを並べ、チョコレートソース(ココナッツオイル、メープル、カカオパウダー)をかけます。

包むとこんな感じ♪

チョコバナナクレープを包んだところ

おぉ〜、美味しいです♡

でも、食べているうちに、お尻からクリームやバナナが出てきてしまう…

クレープのお尻から中身が出てしまう。

これは、クレープの皮のテクスチャーがやや固め(ローフードはこれが限界かなぁ)なので、中身の質感とのバランスでこうなってしまいます。

ということで、包み方を変えました

クレープの包み方

普通のクレープも、こうやって包んで売ってますよね。

前から見たら、こんな感じ。

クレープを前から見たところ

チョコバナナだけでは甘かったので、ブルーベリーも入れました♡

クレープを手に持つ

持ちやすいです。

食べやすい

しかも、これは食べやすい。(←これ重要〜)

下からクリームが出ることを気にするストレスから解放されて、美味しくいただけました♪

クレープの最後

最後は、クリームも出ていません。いい感じです♪

肝心なお味ですが、これは美味しいです。

8歳の息子が「もういっこ食べたい」と言ったので合格点ですね♡

子どもは正直で、気をつかって美味しいなんては言いません。

美味しくなければ「ぼく、もういいや…」と言います。

私は息子の反応で、レシピの採用、不採用を決めています♪

ちなみに、クレープの参考にしたレシピはこちらの動画です。ヒアリング、がんばりました( ̄▽ ̄)ゞ

このレシピは、クレープ生地のバナナ風味を消すためにミックスベリーを入れるというのがいいですね。ミックスベリーのおかげで、焼いたような色にもなります。




posted by 杉本佳江 at 18:28| Comment(0) | ロースイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする