2013年10月25日

最強の美白スムージー【ブルーベリー+グレープフルーツ】

この夏、週に4回は飲んでいた、美白スムージーはコレです!

ブルーベリーとグレープフルーツのスムージーです。

berry_grapefruit.jpg

■ブルーベリーとグレープフルーツのスムージーレシピ


一人分のレシピです。

  • ピンクグレープフルーツ_1個
  • ブルーベリー_30g

■ブルーベリーとグレープフルーツのスムージーの作り方


あえて、作り方を詳しくご紹介します(笑

  1. ピンクグレープフルーツをタテに4等分し、厚い皮をむく(薄い皮と白いフワフワは入れてしまいます)
  2. グレープフルーツの種をすべて取り除く(種が粉砕されると苦いです!)
  3. 適当なサイズにカットしてブレンダーに投入
  4. グレープフルーツの上に、冷凍ブルーベリーを投入しなめらかになるまでかくはんする
お好みで、キウイ1個を追加して入れても美味しいです。


ブルーベリー■ブルーベリーは飲む美容液!?


私が読んだ本では、「ブルーベリーは、その効能が証明されている唯一のフルーツ」と紹介されていました。

松田麻美子先生も、「ブルーベリーは飲む美容液です」と断言されています。

ということで、この夏は週に4回以上、ブルーベリーのスムージーを飲むことにしました

結果を出すには、ある一定濃度以上が必要だと思ったので、この回数を守ってみました。…といってもどんな濃度かは適当ですが (´▽`)/


■ブルーベリーのファイトケミカル〜アントシアニン


アントシアニンは、ポリフェノールの一種。ブルーベリーの紫色を出しているのが、アントシアニンですね。ブルーベリーのアントシアニンの高い抗酸化作用については、数々の論文が出されていて、お墨付きもたっぷりとあります。

体の酸化(錆び)は、老化や病気に直結します。

ブルーベリーを一日半カップ(約30g)摂ることで、目に見える効果があるのかを試しました。

■ブルーベリーの肌への効果


この夏は、化粧水、クリーム、日焼け止めを一切つけませんでした。ピクニックなど炎天下で過ごすときだけ、日焼け止め効果のある手作りBBクリームをつけましたが、3回だけでした。

結論ですが、あまり日焼けしませんでした。色素沈着が薄い、または回復が早かったです。

去年までは、日焼け止め効果のある手作りBBクリームをほぼ毎日つけて、ほかにビタミンC誘導体入りの美白化粧水を使っていました。

その去年と比べても、肌が白いです(*゚▽゚)ノ

そして…今年はお肌を誉められることが急に増えました。「どんなケアをしてるんですか?」と具体的に質問されたことも♡

鏡で見て自分でも効いてるかもなぁと思っていましたが、まわりのリアクションで「やっぱ、ブルーベリーすごい!」と確信するに至りました。

今回は、ブルーベリーのアントシアニンにフォーカスしてスキンケアについて書きましたが、次回は、ビタミンCについて書いていきます。


■ブルーベリーの購入先


いつもはカルディのリアル店で購入しています。ネットのカルディでは買えないんですね…

ネットですと、コストコのカークランドが買えます。


k_blueberry.jpgカークランド 冷凍ブルーベリー 2.27kg/2,199円(税込・送料別)
冷凍送料がかかりますが、それでも100gで100円を割っているので、かなりお安いです♪買いに行く交通費もありますしね〜
kokusan_blueberry.jpg【送料込】【国産・無農薬】訳あり冷凍ブルーベリー2kg/3,980円(税・送料込)
国産・無農薬にこだわるならこちら。送料込みでこのお値段は嬉しいですね♪


主催するローフードスクール・ビオでは、「ローフド美肌アンチエイジング」レッスンをご用意しています。このレッスンのコンテンツ、なかなか人気です♪

ico_pen1-2.gif関連記事
ファイトケミカル(Wiki)
ブルーベリーの酸化防止効果に関する調査報告〜ブルーベリーが紙上に登場!
ブルーベリーの健康効果
posted by 杉本佳江 at 17:36| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

ジェニー・ロスの「デイリー5スムージー」

先日、日本リビングビューティー協会主催で行われた、ジェニー・ロスのワークショップに参加いたしました。

2日目は、「ローフード体調改善料理実践講座」です。

jenny_workshop.jpg

このワークショップで最初に紹介されたのが「デイリー5スムージー」。「5つの要素を入れた、完璧な朝食」になるというスムージーです。

テキストに著作権が明記されているので、情報を網羅できませんが、かいつまんでご紹介いたします!


■スムージーとは?


前回の台風で、実家が床上浸水したのですが、そのときに役立ったのがスムージーでした。

料理を作る時間と環境がないときに、生野菜のサラダを食べることは不可能。そこで近所のコメリでお安いミキサーを購入。グリーンスムージーを3食ごとに作って飲みました。

スムージーは、ミネラルやビタミン、ファイトケミカルなどを手軽に摂れるよい方法だと実感した出来事でした。

ジェニーのスムージーに対する考え方も同じです。スムージーはコップ一杯に必要な栄養素がたっぷりと含まれている、完璧な食事です♪


■ジェニ・ロスの「デイリー5スムージー」の特徴


ジェニー・ロスの「デイリー5スムージー」は、いわゆる日本リビングビューティー協会が教科書で教えているものとはちょっとちがうものでした。

衝撃だったのは、ナッツミルクを入れること!

jenny_milk.jpg

これは、アーモンドミルクをシノワ(ザルですね…)で漉す、ジェニー彼女のレストラン「118℃」では、ナッツミルクを漉すのに、ナッツバッグは使わないそう。 (゚o゚;;

「この方が効率がよいでしょ♪」

レストラン現場のノウハウも、いろいろと伝授していただきました。

日本ではキッチンでも、茶道のお点前のようにていねいな仕事をしますが、ジェニーの大胆さには納得。その都度、会場がどよめきました(笑)

ついでにご紹介すると、これはナイフを使ってレモンの果汁を搾っているところ。

jenny_lemon.jpg

シトラスジューサーが手元にないとき、確かに便利です。

ナチュラルハイジーンでは、午前中は果物のみ。「フルモニ」と言いますね。消化の負担をかけないように、という考えですが、ジェニーは「スムージーは消化が楽なので、栄養素を早くかんたんに利用できる」と説明していました。

またナッツミルクではなく、ココナッツウォーターやアップルジュースという選択肢もあります。これは必ずしもナッツミルクにしなければならない、ということではなさそうです。

ただ植物性のミルクといっても豆乳は入れません。豆乳は意外と消化が悪いですし、ローフードではないですしね♪

ちなみに、ジェニーはこのスムージー用のアーモンドミルクにマカと塩も入れていましたよ。

ジェニーのワークショップでも、スーパーフードはちょいちょい出てきましたよ


■アーモンドミルク入りのスムージーを作ってみました



「朝は果物とお野菜だけ」という考えがあるのでちょっと抵抗を感じたのですが、試しに作ってみましたよ。

jennys_s.jpg

やはりナッツミルクが入るのでボリュームたっぷりです。朝にナッツを摂り慣れていないと重たいと感じるかも知れません。

でも今まで朝食は、ご飯とみそ汁、納豆。または、トーストとコーヒーに目玉焼きという方にはちょうどよいボリュームかもしれないと思いました。

このスムージー、ナッツミルク、パイナップル、バナナ、小松菜の茎、クコの実で作りました。デイリー5というのは、5つの要素を入れるという意味です。

オプションとして、ローハニーとメイプルシロップを入れます。

でも、小松菜の茎だけではクロロフィルが全然足りませんね…グリーンの色が薄いです…


■グリーン野菜の大切さ


大きな声では言えませんが、私がグリーンスムージーを飲むのは週に2回ほど。あとは果物のみです。

ところがやはり、ジェニーはグリーンの大事さを強調していました。

濃いグリーン1カップには5gほどのタンパク質が含まれます。ケール、ホウレンソウ、レッドチャードなどがオススメとのこと。

やっぱ、またケールを買わないと、ですね!

k.jpgケール(生葉)120g250円(税込・送料別)
ケール(生葉)1kg2,100円 (税込・送料別)

産地:静岡県浜松市
無農薬・動物性肥料不使用

ジェニーのデトックスプログラムでも、濃いグリーンの野菜は大量に取り入れているそうです。


■ダイエットプログラム用のスムージー


私はこのジェニー・ロスの「デイリー5スムージー」のメソッドを取り入れ「スーパースムージー」と名づけ(日本リビングビューティー協会のレシピとは差別化して…)、ローフードスクールの「ダイエットプログラム」に採用することにしました。

午前中にしっかりとお腹にたまるスムージーは、ローフードをはじめたばかりの方や、いつもお腹がすいているティーンエイジャー、働き盛りのパパ、体力を使う仕事の方などにによいのではないかな、と思いました。

そして、この栄養たっぷりのスーパースムージーは、無理のないダイエットに貢献してくれると思います♪

実際にレッスンでも、朝、果物と野菜だけのスムージーではお昼まで持たない…とおっしゃる方がけっこういらっしゃいます。そんなときは、果物を好きなだけ食べてくださいね、とお伝えしているのですが、仕事中に果物をぱくつくことはほぼ不可能です( ̄▽ ̄;)!

ジェニーのスムージーですと、その問題は解決するかも知れませんね♪

ジェニー・ロスの「デイリー5スムージー」のメソッドについて詳しく知りたい方は、ジェニー・ロスのデトックスプログラムでレクチャーしておりますのでご確認くださいませ。



posted by 杉本佳江 at 16:42| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

フラックスシードをスムージーに入れ忘れない方法

スムージーにはフラックスシードを入れて飲もう!といつも思っているのですが、朝、起きるとフラックスシードを浸水していないことが何度も…。

「あぁ…」

結局、フラックスシードなしのスムージーで済ましてしまいます。

というお話をしたら、「フラックスシードは、浸水しても日持ちするから5日分くらいまとめて浸水してますよ」と教えていただきました!

なるほど〜

notforgetflax.jpg

これが、フラックスシードを浸水した様子。お水に浸すと、ねばりが出てきます。

ちょっとしたことですが、このおかげで忘れずにフラックスシードのスムージーを飲むことができます♪

ちなみに、フラックスシードは日本の厚生省が輸入禁止にしているので、ローのものは手に入りません。

ペット用としてフラックスシードが売られていますが、これはスチーム加熱済とのこと。

でも、日本ではこのフラックスシードでしたら普通に買うことができます。

厳密にはローではないので、みなさん、海外旅行や一時帰国するお友だちに頼んで買ってきてもらったり、工夫しています。

という私も、昨年、一時帰国したベイエリア在住のお友だちに買ってきてもらったフラックスシードを大事に飲んでいます。

でも、それだけでは足りないので、オメガ3のサプリメントをiherbで買っちゃいました。ヴィーガン仕様(魚由来ではない)タイプを選びました。



posted by 杉本佳江 at 23:42| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする