2019年08月31日

シミはいや!ビタミンC誘導体、クレイ、ベリーのスムージーでシミ対策♡

空手のイベントで、恩納村海浜公園へ。

世界30か国から空手の選手、愛好家が集結し、全員で普及形1。

劉衛流の子供達の平和宣言に涙し、、、

shimi6.jpg

オリンピックランキング男子形、女子形の1位、2位がそろっての演武。

shimi7.jpg

とても感動しました。

が!

日差しも強かった〜

劉衛流・憲里生誕200年記念世界武芸祭・空手セミナー|沖縄のイベントが一週間あり、こちらは大成功に終わり!

ただ、スキンケアもせず(スムージーを飲まず)過ごしていたら、、、頬の上あたりにうっすらシミが、、、、

シミだけは絶対にNG!と、ブルーベリーのスムージーをこの10年ほど続けていましたが、とうとう、、、

早速、対策です!!!



シミ対策にビタミンC誘導体


まずはビタミンC誘導体

shimi2.jpg

こんなこともあろうかと、石鹸の材料を購入するときに、一緒に買っておいたビタミンC誘導体。

ローフードマイスター講座を受講中のかたがプレゼントしてくださった、月桃の蒸留水に3%くらいの濃度で混ぜて、一日に10回ほど繰り返しつけてみました。

さすが、ビタミンC誘導体!

一日で、かなり肌のトーンが明るくなってきました♪

ところが、肌のトーン全体が明るくなるので、シミとのコントラストはそのまま、というかむしろくっきり???

ま、一日なので、使い続けてシミも消えていくように今回はケアしたいと思います。

ビタミンC誘導体は、もう8年ほど使っていませんが、今回は買っておいてよかった♡

そして、この月桃の蒸留水。素晴らしいですね!!!

グリセリンでも入っているの??と思うほどとろりとしてしっとりとした使い心地。

とても高品質な化粧水が作れると思いました。



グリーンのクレイパック


その次に試したのがグリーンのクレイのパックです。

shimi1.jpg

グリーンクレイは美白効果、有毒な物質の吸着効果がありますが、散々、ビタミンC誘導体を使った後なので、ちがいはよくわかりませんでした。

でも、スッキリしましたね。

私が使ったのはこちらのiHerbの商品です。

ソリューション、ヨーロピアン・クレイパウダー

ちなみに息子のニキビ顔にもついでにつけてら、随分とスッキリしました♪

空手の大学生にもクレイパックしてあげたい、、、、



地道にベリー系のスムージー


やはり、シミをきちんと取るには、アントシアニンの多いベリー系と、ビタミンCを含むブレープフルーツのスムージーで地道に対応していくことにしました。

shimi3.jpg

これで果物は約600g

主人と二人分です。

厚生省が一日に果物は200gと言っていますが、かなり意識しないと200gはとれないと思います。

ピンクグレープフルーツ、オレンジ、パイナップル、シークワーサー(皮ごとで種は外しておく)、ミックスベリー、植物性プロテインパウダー、チアシード、これに水を400ccほど入れてなめらかになるまで撹拌します。

shimi4.jpg

このコンテナ、アメリカのアマゾンから買った1.4リットルですが、従来のものと蓋と形状が改善されてとても使いやすいです♡

Vitamix Ascent Series Container, 48 oz. with SELF-DETECT

このコンテナは、アントレックスのA2500iと互換性がないのでご注意ください。従来のバイタミックスで動きます。


shimi5.jpg

イベント中は、ほとんどスムージーを飲まなかったことも反省。

これから集中的にこのスムージーを飲んで経過を見ていこうと思います。

ちなみに以前、眉間にできた輪郭のある小さなシミを発見して、すぐにこのスムージーを飲んで、翌日には消えたことがあるので、でき始めのシミはすぐ対策すればなんとかなると思います。



日焼け止めもきちんと


恩納村の海浜公園では、日焼け止めもきちんと塗らな買ったのも敗因でした。

やはりビーチに行くなら、日焼け止めは基本ですね。

スムージーを飲んでいなくても、日焼け止めでかなり予防できたはずです。

sunscrean.png私が使っているのはこの赤ちゃん用の日焼け止めです。
BabyGanics, Sunscreen Lotion, SPF 50+, 6 fl oz (177 ml)




スムージーにビタミンC強化


今、在庫を切らしていますが、ビタミンC強化のために


もおすすめです。

今日、ポチります。



ビタミンC誘導体の購入先と注意点


ビタミンC誘導体ですが、普通タイプ強力タイプの2種類があります。

普通タイプは、イオン導入などを使うとより効果的です。

ビタミンC誘導体・水溶性(リン酸アスコルビルマグネシウム)普通タイプ

そしてこちらが、イオン導入しなくても効果が期待できる強力タイプ

ビタミンC誘導体 ・水溶性APPS原末(アプレシエ)強力タイプ

お値段も違うので、私は普通タイプを使いましたが、次回は強力タイプを買おうと思います。

shimi8.jpg

ビタミンC誘導体は、精製水などに3〜5%の濃度で溶かして使います。

今回は、グリセリンなどの保湿剤、防腐剤などは入れずにビタミンC誘導体を月桃の蒸留水に溶かしただけの化粧水を使いました。

注意点は、弱アルカリ性(pH7.5〜8)くらいなので、弱酸性のお肌につけると非常に乾燥を感じること。

クエン酸などを入れてpHを調整せずに、そのまま使う方がよいようなので、ビタミンC誘導体の使用後の保湿ケアはきちんとした方がいいと思います。

ちなみに私はざっくり言って、プラセンタとかヒアルロン酸、アスタキサンチンなどは使いませんが、このビタミンC誘導体だけは、使う価値があるかなと思っています♡


posted by 杉本佳江 at 16:18| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: