2018年02月02日

ローチョコレート&チョコガナッシュケーキ講座レポ♪<沖縄>

今日は、ローチョコレート&cおh子ガナッシュケーキ講座の様子をご紹介します。

寒い冬の季節は、ローチョコレートを作るのによい季節ですね。

ローチョコレートでなくて、普通のチョコレートでも作るのに適した室温は18度〜23度なので、(私には)ちょっと寒いくらいですね。

こちらが講座で作ったチョコガナッシュケーキです。

ローチョコガナッシュケーキ

ローチョコレートの材料に、カシューナッツミルクを混ぜて作ります。

カカオバターにミルクを混ぜるので、うまく乳化するように温度を合わせて、少量ずつゆっくりと混ぜていくのがポイントです。

それさえ守れば、作るのは簡単♪

一時期、カカオバターが分離してしまうことが多かったので、レシピを見直しました。

講座ではヴィーガンチョコホイップクリームを絞りましたが、カカオパウダーを振りかけて、冷凍すると持ち運びもしやすくなるのでプレゼントとしても便利です。

choco_ganash_repo4.jpg

これは、年末に友人に頼まれて作ったケーキをパックしたところです。

choco_ganash_repo2.jpg

ガナッシュケーキの中にも、いちごが並んでいます。

ホイップクリームは苦心のレシピです♡

こちらは、基本のローチョコレート

choco_ganash_repo3.jpg

テンパリングをして艶やかに仕上げます。

ローチョコレートは、作業に慣れるとちょっとした空き時間に作れる簡単なスイーツなので、覚えておくとご自宅で美味しいローチョコレートを楽しめます。

買うとお高いローチョコレートも、自分で作るとかなりコストダウンになりますしね。

講座で作ったものは試食して、それ以外は参加者のみなさんにお持ち帰りいただいています。

講座のあとは、必ずフォローアップメールをお送りし

  • 使った材料の購入先
  • 補足情報や参考資料
  • レシピのポイント


などをご確認いただいています。

この講座は、ローフードマイスターを卒業されたお二人のご参加でした。

choco_ganash_repo5.jpg

ローフードは、ご自身でよく実行されるといろんな体感があって面白いと思います。

このお二人も、それぞれにハッピーな出来事が起こりました♡


これから注力したいのが病気の予防


ローフードスクール・ビオでは、野菜や果物をベースに健康、美肌、ダイエット、子供の食育をサポートしています。

ローフードマイスター1級など資格取得、グルテンフリーやスイーツのヴィーガン1day講座など、最新の栄養学とともにお伝えします。

特に今力を入れているのは、病気の予防です。

自分ではなんとも思っていない何気ない習慣が、もしかしたらゆっくりと病気を作っているかもしれません。

例えば、2016年にがんで亡くなった方は約37万人。2016年の時点で、糖尿病が強く疑われる人は、1,000万人と推定されるそうです。

参考)
国立がん研究センター
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

糖尿病ネットワーク
http://www.dm-net.co.jp/calendar/chousa/population.php

ローフードの講座でもお伝えしていますが、この病気の予防に特化した専門的な知識は、ゲルソン療法の講座でさらに詳しくお伝えしています。

こちらはローフードとは別の切り口で、今の健康を将来もずっと維持していきたい方、または何か病気の診断をされてお困りの方まで、たくさんのヒントが詰まった講座です。

詳しくは、ゲルソン療法の講座・ヒーリングキッチンのWebサイトご覧ください。

ローフード、ゲルソン療法の講座、ともに沖縄県の那覇市で開催しております。





posted by 杉本佳江 at 01:29| Comment(0) | レッスンレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: