2017年10月14日

夏の終わりにスキンケア|ゴーヤー・ブルーベリー・シークワーサーのスムージー

ビタミンC、ファイトケミカル強化♡夏の終わりのスキンケアスムージーのご紹介です。

goya_berry2.jpg


夏の終わりにスキンケア・スムージーのレシピ(2〜3人分)





スムージーの作り方


  1. レシピの順番に水までを入れてなめらかになるまで撹拌する。
  2. 氷を入れてシャーベット状になるように撹拌する。


コンテナに入れるとこんな感じです。

これは最近、購入したバイタミックスの1.4リットルコンテナ。中途半端なサイズのようですが、意外と1.4リットルが重宝しています♪

goya_berry1.jpg


ビタミンCとアントシアニン


夏の紫外線に疲れた肌を、ビタミンCとアントシアニンで細胞を活性化させましょう。

ビタミンCは、みかん、グレープフルーツ、そしてカムカムパウダー、ゴーヤー、シークワーサー、ゴジベリーに含まれています。

カムカムパウダーは、5gで682mgのビタミンCがとれるようです。厚生省が一日100mgほどを摂取量としているのでその7倍近い量です。

柑橘類には疲労回復のクエン酸もありますね。

シークワーサーは皮ごと入れると、程よい苦味と香りを楽しめます。

ブルーベリーのアントシアニンは、抗炎症作用の他、コラーゲンを安定させる働きもあるようです。ビタミンCはコラーゲンの生成に必要なビタミンなので、一緒にとるとお肌によさそうです。


ざくろパウダーについて


ざくろには美白効果があると言われるエグラ酸が含まれています。このざくろパウダーは可愛いピンク色で、ほんのり酸っぱいです。


ゴールデンベリーについて


ゴールデンベリーは、黄色いホオズキです。

沖縄ではフレッシュなホオズキが買えてびっくりしましたが、甘酢ぱくて素晴らしく美味しいフルーツです。これを乾燥させた商品がゴールデンベリーでインカの植物だと説明があります。

ゴールデンベリーには、ビタミン C と A、鉄分、ペクチン、ナイアシンなどが含まれています。独特のほろ苦さと甘みが魅力です。ゴールデンベリーはSunfood社のものがクオリティがよいように思います。


ゴジベリーについて


ゴジベリーは、クコの実です。良質なアミノ酸(18種類)、ビタミンA、ビタミンC、豊富なミネラルなどが含まれています。

ただ、ゴジベリーは一人一日6粒までと、アメリカのレシピ本のスーパーフードの記事で読んだことがあります。

実はこれを知らずに大量のゴジベリーをスムージーに入れて飲んだら、なんとなく気分が悪くなった、というか、パワーに圧倒されるような体感がありました。

商品説明にある「カリフォルニア州で生殖への危害が発生するとされている化学薬品が含まれている」というのもちょっと気になりますので、とりすぎは注意ですね。


チアシードパウダーについて


チアシードパウダーは、オメガ3脂肪酸目的ですが、良質なたんぱく質、食物繊維も魅力です。

最近は、種の状態で輸入できなくなったのでパウダーを買っています。


雲南百薬とハンダマ


これに雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)とハンダマを少量、入れることがあります。マグネシウムとカリウム強化です。

マグネシウムは意識的にとりたいミネラルなので、スムージーでこのようにとれるとよいと思っています。少量を入れる分には、お味に影響はなく、むしろちょっと変化が出て面白いです。

雲南百薬は沖縄ではポピュラーな野菜ですが、私はツルムラサキと見分けがつきません(笑)栄養もほぼ同じです。

おまけ情報でした。


こうしてみると、スムージー1杯にものすごい栄養がつまっていますね。書いているだけで、圧倒されて、大量のビタミンCを消費しそうです(笑)

普段は、そんなことを気にかけずに飲んでいますが(ちょっとは気にしています)、きっと私たちの知らない栄養素やその他の物質も代謝や免疫に働きかけてくれるんでしょうね。

ちなみに沖縄の夏、日焼け止めなしで過ごしましたが、シミとシワが増えた様子はありません♡私が疲れた顔をしているのは、夜更かしのためかと思われます。


ガラスのストロー


ガラスのストローは、こちらから購入しました♪















posted by 杉本佳江 at 16:19| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: