2016年09月29日

ほぼグルテンフリーのクルミ入りクランベリークッキー

またまたMinimalist Bakerさんから、今度はBLUEBERRY MUFFIN BREAKFAST COOKIESのブルーベリーがなかったのでクランベーリーデ作ったバージョン

cbm_cookies.jpg

材料に「砂糖を入れないアップルソース」がありました。「りんごソースかぁ。今からりんごを買ってきて作るのは手間だなぁ」と思ったのですが、もしや、りんごソースを冷凍していたかも♡

りんごソース

ありました〜。よくやった、私!

左が解凍したりんごソース。右が冷凍した状態。

メイソンジャー(240cc)に9分目くらい入れて冷凍しています。100%入れるとソースが膨張して蓋が盛り上がってガラスが割れそうで危険です。

ちなみにアップルソースは、海外のレシピ本のケーキやドレッシングなどでよく使われる材料なので、りんごをたくさん煮て保管しておくと便利です。

ということで、バナナも買ってきておいたし、無事、作業に着手。

多分ですが、アップルソースがない場合、その分バナナを増やせばできると思います。その場合、バナナ風味が増してしまう、くらいの問題だと予想します。

グルテンフリーのお菓子はクッキーとかマフィンとか、これくらいのボリューム(サイズ)で作るのが気楽でいいですね。

クッキーのように焼いていますが、ふわふわで、どちらかと言うと「平べったいマフィン」

ピーナッツバターとアーモンドバターのブレンドで作ったこともあり、とってもよい香り

甘いものが苦手な主人も、食後に2個目を食べていました。

cbm_cookies2.jpg

グルテンフリー(正確には低グルテンで小麦不使用)なのに、ふっかふかです。

「うわ、これ美味しい♡」と、私も味見のつもりが夕飯前に2個、、、

オートミールが入っているので、よく噛んで食べるクッキーです。ただふかふかより、たくさん嚙めるのがいいですね。

バナナとピーナッツの香りがする甘い生地に、酸っぱいクランベリーがとても合っています。

密封容器に入れて、常温で2、3日。冷凍して1か月の保存が可能です。

冷凍しておいて、ちょっとずつ食べるのもよさそうです♪


ほぼグルテンフリーのくるみ入りクランベリークッキーの材料


レシピは、上記リンクよりご確認くださいね。ここでは材料の購入先をご案内します。



cbm_cookies3.jpg


塩について


私が愛用しているのは、沖縄の粟国の塩です。

粟国の塩

沖縄県粟国村近海から汲み上げた海水を採かんタワーに流し、10日間昼夜休みなく水分を蒸発させ、さらに平釜で30時間煮詰めた後、脱水・乾燥に2週間、約1ヵ月かけてできる海の結晶です。

と、アマゾンの説明にありますが。

海水が原料なのでミネラルも豊富で、塩壺に入れておくとべったりと湿気てきます。

これは水を寄せやすいマグネシウムの作用だと最近、読んだ本に書いてありました。

粟国の塩は、ほんのりと甘くて美味しいです。



posted by 杉本佳江 at 10:05| Comment(0) | ビーガンスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: