2016年09月20日

グルテンフリーのパスタランチ♪

ゆるい台風一過。秋晴れの沖縄の今日は、グルテンフリーパスタでランチを作りました。

いつもサラダメインなので、炭水化物がメインだと男子たちはどこか嬉しそうです。

グルテンフリーパスタ


グルテンフリーパスタ・ブロッコリーソースのレシピと作り方


作り方の手順ご紹介しますね。


  1. 大きな鍋に浄水を貯めはじめる。

  2. フライパンにオリーブオイルを敷いて、輪切りにしたナスをソテーする。

  3. 焦げ目がついたらひっくり返してまた焦げ目がつくまでソテーする。

  4. 浄水がたまったら、鍋を火にかける。

  5. ナスに水を追加して蒸し焼きにして、塩コショウを振って仕上げてバットに出しておく。

  6. ニンニクを1個(1粒でなく全部です)をフープロでみじん切りにする。

  7. フライパンを軽く洗い、オリーブオイル、ニンニクと鷹の爪で香りを出す。

  8. ブロッコリー小房にカットして、お湯が沸騰したら軽く茹でる。

  9. ブロッコリーを、先ほどのフープロで粗みじん切りにしてフライパンに投入する。この後、フープロを洗います。

  10. ブロッコリーを茹でたお湯に塩を加え、グルテンフリーパスタを茹でる。(10分ほど)

  11. 茹でている間にブロッコリーソースを炒めて、塩で味つけしてオイルとオリーブ水を加え乳化させておく。

  12. 大きなボウルに浄水を貯めておく。

  13. パスタがアルデンテに茹で上がったら、ボウルに貯めた浄水で滑りをとるようによく洗う。少し熱いですが火傷しないように、よく洗います。

  14. 乳化したブロッコリーソースにパスタを絡めて、ソテーしたナスとパスタを盛り付けて、コショウを振っていただく。


ブロッコリーは2個で作ると、野菜たっぷりのソース多めなパスタに仕上がって美味しいです。

ニンニクは一欠片ではなくて、丸ごと1個を使います♪

グルテンフリーのパスタは、茹で上がったら、水で洗いぬめりを取ります。これをしないと美味しくなりません。熱々のパスタに仕上げるためにはソースとフライパンをしっかりと温めておくのがよいです。

デュラムセモリナ粉のパスタもそうですが、グルテンフリーのパスタも茹で過ぎると本当に美味しくないです。少し硬めのアルデンテで茹で上げるのはとても大事です。

ブロッコリーソースのグルテンフリーパスタ


おすすめのグルテンフリーパスタ(アイハーブ)


私がよく買うグルテンフリーのパスタをご紹介します。

gfpasta1.jpgTinkyada, ブラウンライスパスタ、 ほうれん草スパゲティー、 12オンス (340 g)
玄米にほうれん草を練り込んだパスタです。
コスパが高いのでよく買っています。
今回のランチは、このパスタを1袋で作っています。
gfpasta2.jpgTinkyada, 玄米パスタ, ベジタブル・スパイラルズ, 12 オンス (340 g)
こちらもアイハーブのグルテンフリーパスタの中では、コスパが高いです。扱いやすいフリッジで、私がもっとも好きな商品です。こちらも必ず茹でた後は水洗いをします。
gfpasta3.jpgAndean Dream, キヌアパスタ、フジッリ、8オンス (227 g)
これは、キヌアで作ったグルテンフリーパスタ。とっても美味しいです♪お高いので最近はあまり買っていませんが、美味しさを求めるならおすすめです。


ちなみに、にんにくはこちらの青森県産をまとめ買いしています。大粒で味も濃くて使いやすいです。

posted by 杉本佳江 at 16:50| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: