2016年09月07日

ビーガンバターのレシピ

在庫がなくなったので、今日はビーガンバターとビーガンマヨネーズを作りました。

butter_mayo1.jpg

このビーガンバター、息子が気に入っていて、トーストしたパンにべったりとつけて食べています。「これ、本当にバターだね」と喜ぶので、ジャンクベジだと思いつつ切らさず作っています。

「どうやって作るの?」とよく質問をいただくので、レシピを公開しますね♪


ビーガンバターのレシピ



すべての材料をブレンダーに入れ、中程度のパワーで1分ほど撹拌してよく乳化させる。

冷蔵庫で3〜4週間、冷凍庫で数ヶ月保存可能。

butter_mayo2.jpg

ビーガンバターは、こんな感じにホウロウに入れて冷凍保存しています。

食事の前に冷凍庫から出しておいて程よく解凍させて使います。間に合いそうにないときは、小皿に乗せて、トースターの上に置いておく、など。

小分けにしているのは使う分だけを解凍したいから。大きなブロックで作ると、少々扱いにくいです。

常温で長く放置すると溶けますのでご注意くださいね。


ビーガンバターの材料について


材料は、レシピにリンクをつけていますのでそちらをご確認くださいね。

ココナッツオイルは、Jarrow Formulas, オーガニックがよいです。

このココナッツオイルはまったくココナッツの香りがしないので、炒め物や焼き菓子など、便利に使っています。

個人的にココナッツ臭が苦手なので、ロースイーツで生のココナッツを使うとき以外は、このオイルにしています。バターもココナッツ風味がない方が、乳製品のバターに似ます。

米油でなくても香りのないどんなオイルでもOKです。太白ごま油やグレープシードオイルなど。

米油は酸化しにくいので常備しています。この商品が製法など特筆よい訳ではないですが、北海道産と米の原料が明記されているので選んでいます

レシチン液体タイプがあればよりよいのですが、手に入らないので顆粒を使っています。よく撹拌すればうまく乳化します。


ビーガンマヨネーズ

このマヨネーズも、卵風味でなかなか人気です♪


ビーガンバターとビーガンマヨの講座♪


ローフードスクール・ビオでは、ローフードだけでなく、ヴィーガン1dayレッスンもご用意しています。

こちらは「パン&ヴィーガンバター講座」で、パン、バター、マヨネーズ、ベジパテなどすべてビーガンで作ります♪


ビーガンバターに使った道具のご紹介


こちらが、私がバター用に使っている型とグラシン紙です。

ミニマフィン天板 12取【シリコン加工】カップケーキ型
米粉のマフィンを焼くために購入したのですが、バターの型として使うことが多いです。この小さな1カップが、バターの1回分にちょうどよい大きさです。
グラシン紙と合わせて、大粒のチョコレートも作れそうです。
グラシン・マフィンカップ 5号深型 1000枚入【紙製】カップケーキ型グラシンケース ※オーブン焼成可能
1000枚もどうするの!?と思いますが、一生モノと思って使っています。バターを作るにはグラシン紙があったほうが便利です。
型がシリコンなので、グラシン紙があったほうが焼き菓子も安心ですね。
野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M
おまけ♪こちらは、バターの1バッチがちょうど入るくらいの野田琺瑯です。野田琺瑯は、シール蓋がゆるいので冷凍にも向きますね。



posted by 杉本佳江 at 20:29| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: