2016年09月07日

塩アボカドペーストがパンに美味♪

沖縄も秋らしくなってきたので、パンを焼きはじめました。


パンの小麦について


数えるとパンは20年ほど焼いていて、昔は毎日のパンを欠かさず焼いていました。

今はグルテンフリーのご時世なので、週に1回、食べるか食べないかの頻度です。

米粉パンもいいのですが、今のところ「パンは美味しく小麦で食べよう」と思っていて(パスタはグルテンフリーに徹しているし、、、)、ライ麦、全粒粉、石臼挽き粉、スペルト小麦、国産小麦、小麦ふすま、大麦粉などを適当にミックスして小麦のパンを焼いています。

20%くらいだったら米粉を混ぜても風味が変わらないので、入れることもあります。


沖縄には、「沖縄いえ島小麦再生プロジェクト」というものがあります。

イベントなどに出店されているのを見かけると、買わせていただいています♪


小麦選びで意識しているとしたら、オーガニックかどうかより国産小麦を使うことでしょうか。オーガニックでも、外国産はポストハーベストのほうが気になります。

ちなみに使っている小麦の一覧は以下の通りです。




塩アボカドペーストのオープンサンド


さて今夜の夕飯は、パンに塩アボカドペースト、ベジミートローフのせのオープンサンドです。

アボカドサンド

実際はこの上に、ヴィーガンマヨネーズをとろんとかけて食べました。

ベジミートローフは、レンズ豆、黒インゲン豆などいろんな豆で作っていますが、これがあるとランチも夕飯も便利です♪


塩アボカドペーストとは?


さて、このパンの上のペーストの「塩アボカドペースト」ですが、作り方はいたって簡単。

アボカドを潰して、塩を少し強めに味付けするだけ、です。

塩を強めにするところがポイントです♪

ヴィーガンだとバターをどうするかが問題になってきますが(もちろん美味しいヴィーガンバターを作ることはできます♪)、別にバターでなくてもいいわけです。

アボカドは脂質たっぷりなのに油っこくなく、でも濃厚でバターの代用としてパンにピッタリの食材ですね。

塩アボカドペースト

こちらは先日のランチ。

パンに塩アボカドペースト、ツルムラサキと納豆の和え物にヴィーガンパルメザンチーズをふりかけています。

ツルムラサキは、鉄分、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富で、夏に旺盛に育つので、ほぼ毎日、食べています。

ビタミンCも多いですね。ということは茹でない方がよさそうですね。


塩アボカドペーストがとっても簡単で、パンに美味だったのでご紹介でした。




posted by 杉本佳江 at 00:51| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: