2015年07月28日

カフェモカスムージーのRawグラノーラのせ♡

ピカピカの夏です♡

沖縄では、ぜんざいを夏に食べるのですね。

金時豆の冷たいぜんざいに、かき氷がのっかっているのがベーシックなものです。(だと理解しています)火照った体をすぅ〜っと中から冷やしてくれるぜんざい、沖縄のカルチャーですね。

我が家でこの「ぜんざい」のようにヒートアップした体を冷やしてくれるのが「カフェモカのスムージー」です。ソルベとスムージーの間くらいの氷感♡

カフェモカ・グラノーラ

小腹が空いたので、今日はRawグラノーラをのせて、スプーンでいただきました♪癒されます〜(≧∇≦)


■ローグラノーラにスムージーいいかも♡


グラノーラといえば、アーモンドやカシュー、ブラジルナッツで作るナッツミルクでいただきますが、シェイクっぽいスムージーといっしょにいただいてみたら、美味しいかったです。

シャリシャリとしたスムージーにグラノーラがよくからんで、食べやすいです。

ローフードのグラノーラは、オーブンで焼いたグラノーラより食感が固いので、ナッツミルクに浸してもなかなか柔らかくなりません。からみが悪いというか…

でも、シェイク風スムージーの食感がこの固めのグラノーラによく合っています。

カフェモカとRawグラノーラは、拙ローフードスクールのローフードマイスター準一級講座で実習しておりまして、人気の高いレシピですが、教科書にはないので、私のオリジナルレシピをプレゼントという形をとっています♪

次回のローフードマイスター準一級では、この食べ方でご紹介してみようと思います♡


■乳製品とコーヒーを使わないカフェモカ


このスムージーを気に入った主人が「もうス○バに行かなくてもいいね〜」喜んでおりまして、毎日、所望します。

覚えたら自分でも作れるのに、その気配はなく、今日も出先から「帰ったら作ってもらえる?」と電話で予約注文が入りました。

このカフェモカのよいところは、もちろんカフェインフリー、甘味にデーツを使い、ミルクをカシューで作るところです。

甘味はメープルシロップよりデーツのほうが、よりヘルシー(な感じ)です。

ナッツミルクは作るのが手間なうえに(浸水→撹拌→絞る)、足が早く3日と持たないので(分離して発酵してしまう)、ロスを出す確率が非常に高くてもったいないのです。

ということで、ソークしないカシューナッツをバイタミックスのコンテナに放り投げるだけ、という手軽さはイイですね。作る頻度に影響します。


■Rawグラノーラはフラックスシードで結着


私が普段、作っているRawグラノーラ(準一級で実習するレシピ)は、フラックスシードで結着させています。

ローグラノーラ

これは、Rawグラノーラをテフレックスシートから外して、網シートに移したところ。手で割って、引き続き乾燥させます。

美味しいので、多めに作っておきます。ちょっとしたプレゼントに喜ばれるのでディハイドしたRawグラノーラはあると何かと重宝します♪

Rawグラノーラはいろんな作り方がありますが、フラックスシードを使うと何かのタイミングで発酵して、部分的にちょっと納豆っぽい匂いになることも…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ディハイドレーターの最初の温度は58度に設定して、まず庫内をしっかりと温め、表面をカリッと乾燥させるのですが、48度に戻すタイミングによっては発酵してしまうのかも知れません。

「(塩気のある)クラッカーなら多少それもアリだけど、グラノーラで納豆風味はちょっといただけないなぁ…チアシードで作ったら、これは回避できるかなぁ」「でもこのカフェモカスムージーなら全然、気にならないなぁ」などと思いながら、午後のおやつを楽しみました。



posted by 杉本佳江 at 22:54| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: