2015年06月17日

アーモンドミルクでつくる☆チアシードプディング<レシピつき>

日本でも、気軽に購入できるようになったチアシード♪

0616chia1.jpg

チアシードはオメガ3脂肪酸、必須アミノ酸、カルシウム、鉄、そしてマグネシウムが豊富なのは大きな魅力です。そして、食物繊維もたっぷりです。

チアシードはスーパーフードの代表格ですね。

とても美味しかったので、「アーモンドミルクでつくる☆チアシードプディング」のレシピをご紹介します。

バニラの香りがしっかりと香る、濃厚で上品な甘さのチアシードミルクプディングです。

ドライフルーツのコンポートやグラノーラなど、しっかりと甘いものと合わせたり、酸っぱいフルーツと合わせたりしても美味しいと思います。

おなかを空かせて帰ってきた子どものおやつとしても、ぴったりですね♪

このチアシードプディングは、材料さえそろえば、作り方はとっても簡単で栄養価は非常に高い、パフォーマンスの高いスイーツです。

もちろん、グルテンフリー、動物性食品フリー、白い砂糖不使用、NON GMOです。


■アーモンドミルクでつくる☆チアシードプディングのレシピ


0616chia2.jpg


■チアシードプディングの作り方


下準備生アーモンドを蒸留水に8時間ほどソークしておく。
道具大きめのボール、ナッツミルクバッグ、バイタミックス(などのハイパワーブレンダー)、スパチュラ、メイソンジャー(32oz)

  1. ソークした生アーモンドと蒸留水、さやごとざく切りにしたサヤごとのバニラビーンズ、塩(ヒマラヤンソルト)、メープルシロップまたはデーツをバイタミックスに入れ、1分間ほど撹拌する。
  2. 大きめのボールを用意し、アーモンドミルクをナッツミルクバッグに注ぎ、よく絞る。
  3. チアシードをメイソンジャーに入れておき、アーモンドミルクを注いでよく混ぜる。
  4. 常温で10分放置する。その後2〜3時間、冷蔵庫に入れておく。
    (一晩ほど冷蔵庫に入れておければ、よりよいです。一晩ソークする予定なら常温10分放置は省略できます。)
  5. 器に盛りつけ、ドライフルーツのコンポートやグラノーラなどといっしょにいただく。
メイソンジャー32oz (940ml)ぴったりくらいの量です。(少しはみ出してしまうかも、ですが…)

*冷蔵庫で3日間、保存可能。


■ドライフルーツのコンポートの作り方


レーズンやカレンツなど、お好みのドライフルーツを蒸留水に一晩ソークして、浸した甘い水は捨てます。(甘い水は、ドレッシングなどの甘味料としても使えます)

ドライフルーツと新しい蒸留水をお鍋に入れ、水分にとろみが出るまで煮詰めます。

このドライフルーツのコンポートが、バニラ風味のチアシードプディングにとても合って美味しかったのでご紹介しました。

0616chia3.jpg

ちなみに、ロー(生)にこだわるなら、好みのドライフルーツを蒸留水に浸すだけでOKです。

水に浸すことで余計な甘みがなくなり、ドライフルーツの酸っぱいお味などを楽しむことができます。ぷっくりとした柔らかい食感も魅力です。

余計なフルクトースを摂ることも避けられますね。

これはゲルソン療法のドライフルーツの食べ方なのですが、とっても気に入ったので、ローフードにも利用しています。


■オーガニックのドライフルーツの購入先


私はオーガニックのドライフルーツをこちらのショッップから購入しています。

ドライフルーツはナッツとちがって、オーガニックとインオーガニックの値段の差があまりないので、オーガニックを選びやすいです♪

ミッドナイトビューティ・レーズン(アメリカ産)カレンツは、お味が好きでよく買います。

ほか、色もお味も普通のレーズンとはちがうサンマスカットレーズンもあると楽しいです。

もちろん、オーソドックスなカリフォルニアレーズンもよく買います。


■チアシードプディングの講座


今回はレシピをご紹介しましたが、もし、ナッツやドライフルーツのソーク(浸水)など扱い方がよくわからないということでしたら、ローフードスクール・ビオ(沖縄県那覇市)の講座でもお教えしております。

ご興味がございましたら>>コチラのメールで、お問い合わせを受けつけております。


posted by 杉本佳江 at 00:27| Comment(0) | ロースイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: