2015年05月20日

首里の畑で自然農法〜種まきと間引き

那覇市が年間4,000円で畑を貸し出すとチラシで知りました。

応募してみたら補欠当選したので自然農法デビュ〜週末は畑仕事をしています。

自然農法

ビギナーズラックなのか、これがなかなかうまくいっているのでレポいたします(^▽^)ゞ


■参考にした自然農法の本


自然農法は、無肥料、無農薬で野菜を育てる農法です。小学生のときにサツマイモを植えたくらいで、畑作業などしたこともありません。

まずは、情報集めに本を購入しました。

これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち
1,836円(税・送料込み)
この本は上級者向けと感じました…土壌の程度を雑草で把握して最初は肥料を加えていく、などと私たちの手には負えず…
はじめての自然農で野菜づくり―無農薬
1,944円(税・送料込み)
こちらの本は、ものすごくシンプル!なにもせずに種を撒くだけ〜♬この本を参考にすることにしました。


ということで、はじめての自然農で野菜づくり―無農薬を参考に準備を。

ノコギリカマとスコップ、じょうろ、無農薬の種を購入しました。


■自然農法の種まき


こちらが、種をまいて水をやっているところです。

nature1.JPG

畑では根っこを残したまま雑草を刈り取り、一切、耕しませんでした。

雑草の根が土をふかふかにするのだそう。これを耕してしまうのはもったいない、という考えです。

自然農の農家さんに無耕作について伺ったら「耕している」とおっしゃっていました。農家の方は仕事としてしているのでリスクを冒せないのだそう。

うちの農業は週末のアクティビティなので、冒険できますね。棒を差したら30cmはすっと刺さったので「イケル」と判断しました。

畝も作りませんでした。あまり畝を高くすると、水はけがよくなりすぎて土が乾燥するかも、と考えたからです。

沖縄の炎天下でも、水やりは一切しない予定なので、できるだけ保湿する畑にしたいと思いました。

そこへ、手で種をバラ蒔き。種を蒔いたら、足で地固め。これが意外と大事なのだそう。読み飛ばさなくてよかったです。

その上に刈り取った雑草を敷いて、地面が乾かないように保湿します。

種をまいたら、じょうろで水をたっぷりとあげました。ちなみに畑に水をあげたのは、種を蒔いた直後、この1回だけです。今のところ。


■よく育つ種と育たない種


メインはサンチュです。うちはグリーンの葉野菜をたくさん消費するので、沖縄で取れた種のサンチュをたくさん蒔きました。

nature2.JPG

こんな感じで芽が出てきました♪

よく育つ種と育たない種がありました。

こちらは、残念な結果のアメリカ産のオーガニックパセリです。

nature4.jpg

その土地で取れた種は旺盛に育つようです。沖縄で取れたというサンチュだけが、どんどん大きくなって、その他はほぼ全滅に近い状態です。

こちらは、種を蒔いてから3週間の沖縄県産サンチュ。

nature3.jpg

一日かけて間引き作業。600本ほどのベビーリーフを収穫しました♡農作業の後は、ご褒美のビール。

nature5.jpg


■4日分のサラダを収穫


こちらが、初収穫のサンチュのみのサラダ。4日分の収穫がありました。

baby_leaf_salad.jpg

このサンチュをすべて洗い終わるのに2時間…クタクタです。そして出てくる、出てくるカタツムリ!何匹殺したことか…(>_<) そして、その辺を歩いているやつは、ベランダからリリースです。


■戦力外の息子は〜


息子のニモを畑に連れて行きますが、作業にすぐ飽きて戦力外。動くものを追いかけて、畑で一日を過ごします。

nature6.jpg

「見て〜!」という息子の手から覗くのはΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン もしやMr.G???

よく見たら、コオロギでした…この顔つきとピーンピーンと動く触角にリアルに焦りました。

今週末も、また畑に行ってきます。



posted by 杉本佳江 at 13:27| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: