2014年11月12日

サンディエゴ・ゲルソン療法ワークショップの旅〜1日目〜@東京

10月23日〜25日にアメリカのサンディエゴで行われた、ゲルソン療法のワークショップ「ゲルソン・ベイシックス」に参加しました。

10日間の旅の主目的はゲルソンワークショップですが、東京、アメリカのローフード・ベジタリアン事情を見てこようとプランを練りました。


■人生初のひとり旅


長い別れに、ニモは照れ隠しでしょか??

1day_nimo.png

「チケット見せてください〜。ここからは、入れません」と急に呼び止められた主人とニモ。

え!?ここでお別れ?

「もうすこし、いいですか?」と私。
「ダメです。すぐに行ってください」と係の人。

突然のことに思わずポロポロと泣けてしまった私に、「あと15分くらい、だいじょうぶですよ」と言いに来てくれた係の人。

ただの10日間の旅行なのに、あの担当者はどんな状況を想像して「あと15分くらいだいじょうぶ」と言ってくれたのでしょ…

1dai_to_tokyo.png

家族と別れて、北アメリカ大陸初上陸の一人旅がはじまりました。


■東京のローフード&ビーガンレストラン・レジュベさん訪問♡


成田に到着し、空港にスーツケースを預けて東京へダッシュ〜

石塚ともさんちで共にれいこ先生のローフードマイスター講座を受けたゆきさんと「ローフード&ビーガンレストラン・レジュベ」で待ち合わせです。

1day_r_1.png

限られた東京滞在ですが、「レジュベ」さんは絶対に外せない!と、ゆきさんに予約していただきました。

沖縄のこと、ゲルソンのこと、ローフードのこと、ゆきさんがはじめたヨガのこと、山ほどある積もる話。どこから話してよいのやら…そんな楽しいひとときを、心のこもったローフードをいただきながら過ごせるのは本当に幸せなことです。

しゃべりまくる私たちのテーブルに運ばれてきたのは〜

1day_r_2.png

オープンツナサンド。こちらはオニオンブレッドとツナパテ(もちろんローヴィーガンです)のコンビ♪

「うん、これ美味しい〜!」キュウリをあしらうことで、さっぱりといただけました。

1day_r_3.png

欲張って、RAWハンバーグオープンサンドも注文!

ローのハンバーグに、ソースがとってもマッチしたオーナーのセンスが光る一品でした。これでもう、かなりお腹いっぱい!

でも、もちろんスイーツも〜♡

1day_r_4.png

左がローアイスクリームで、右がパンプキンプディング(加熱)です。どちらも大満足!

1day_r_5.png

オーナーの本島ちかさんとはお初にお目にかかりましたが、ローフード仲間のDr.ふーみんからよくお話は伺っていたので、お会いすることをとても楽しみにしておりました。

ちかさんは、仕事のできる才女というイメージ。神楽坂にローフードレストランをオープンさせたことは、ローフード業界でもビッグニュースでしたね!

お話を伺ってみると、とってもソフトで、はにかんだ笑顔の可愛らしい方でした。

レストランだけでなく、ローフード講座なども開かれています。そして、勢力的に健康情報のキャッチアップをされいますね。

今後のご活躍、ますます楽しみです♡


■ホテルで仙太郎のぼたもち


夜の別腹は、三越銀座で「全部ください!」と死守した「仙太郎のぼた餅」を〜♡

1day_sentaro.png

ぼた餅は賞味期限が当日なので、沖縄までお取り寄せができないのです( ̄▽ ̄;)!!

来沖以来、どれほどこの再会を楽しみにしてたことか…

ヴィーガンですしね♡「白砂糖を使ってる」なんて、野暮なことおっしゃらないでくださいませ。

ホテル備え付けの日本茶を湧かして、ぺろっといただきました。ごちそうさまです。

ホテルの予約までしてくださった、ゆきさん、本当に楽しい時間をありがとうございました♡


posted by 杉本佳江 at 09:44| Comment(0) | ゲルソン療法WS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: