2013年09月05日

ローフードが楽しくなる♪菜麺器の「クルル」を買いました!

いまさらですが、菜麺器のクルルを買いました。ローフードをはじめると、みなさんバイタミックスの次くらいに菜麺器を買うのですが、私はかなり出遅れました。


■私がローフードをはじめてすぐに菜麺器を買わなかった理由

  • モノを増やしたくない
  • 野菜を麺にする必要はないと思っていた(←包丁派)
  • ローパスタのお味があまり好みではなかった
ところが、調布の「ぽわぶる」へランチに行ったら、菜麺器でカットしたニンジンと大根のサラダが出て、これがなんとも美味しかったのです。

今までは千切りにしていたのですが、どんなに細くカットしても大根やジンジンはハムハムといつまでも噛むのがけっこう苦痛…「菜麺器っていいかも」と思い、ローフード仲間に使い心地をリサーチしました。


■私が買った菜麺器は「クルル」


みんなの話を聞いて、私が買ったのは「クルル」です。

clulu_white.jpgClulu クルル 野菜の回転スライサー ホワイト
2,310円(税・送料込み)

Clulu クルル 野菜の回転スライサー オレンジ
2,310円(税・送料込み)


クルルはホワイトとオレンジで悩みますが、無難なホワイトにしました。

ニンジンで色がつくのでオレンジの方がよいという意見もありますが、確かにオレンジ色がつきます。ところが、後にちがう野菜をカットすると色が消えるので、ホワイトでも問題ないと思います。


■もうひとつの候補は「ベジスパ」


クルルとベジスパの両方を持っている、という人もけっこういます。ベジスパはロハスで、ディハイドレーター(エクスカリバー)を購入したらプレゼントでついてくるので、それで持ってる人もいますね。

vegespa.jpgベジスパイラルスライサー【ベジスパ】
5,980 円(税込・送料別


■クルルとベジスパのちがい


ローフード仲間に教えてもらったクルルとベジスパのちがいをまとめると、以下のとおりです。
  • クルルの方が細くなるので美味しくてキレイ
  • ベジスパは3段階の太さ調整ができてパスタ向き
  • どちらも洗うのがかんたん
  • ベジスパは場所を取るけど、クルルは省スペース

■クルルとベジスパのどちらがよいかの結論


仕上がりは、クルルが細くて、ベジスパが太いんですね。これは好みだと思いますが、細い方がソースのからみがよさそうでクルルに一票

ベジスパはスペースを取って出し入れが大変そう。その点、クルルはコンパクトで管理がかんたんそうです。ということでクルルにもう一票

ベジスパは、裁断に種類が選べるんですね。これは魅力で、ベジスパに一票。

お値段は、クルルがお安いですね♪

ということで、省スペースと細さを取って、私はクルルにしました。いろいろと教えてくれたみんなに感謝です!とても納得のいくお買いものができました(^▽^)/


■クルルで作ったローフード


届いてから、ほぼ毎日使ってますよ。これはオーソドックスなローベジパスタ。ジェノベーゼソースです。

basil.jpg

イタリアンでも冷製パスタは細麺なので、細いローパスタはイメージに合っている気がします。麺はズッキーニで作りました。


大好きなおろしそばを、ズッキーニとニンジンの細麺で作りました。麺つゆはカツオも入っているのでヴィーガンではありませんが、これはなかなか上出来でした。

oroshisoba.jpg


そして大ヒットが、ローとろろそば。麺はズッキーニとニンジンです。

tororo.jpg

お蕎麦やそうめんは冷やしていただくものなので、ローフードにアレンジしても違和感が少ないです。無理してない感がよいですね♪

ときどき、「そこまでローにしなくても…」と思ってしまうメニューもありますが、これはストンと納得できるお味です。

ローフードは海外から持ってきているので、レシピも海外っぽいものが多いのですが、日本食は昔からベジもローフードも多いのでシフトしやすい気がします。

大根おろしもとろろも、ローフードですもんね♪
posted by 杉本佳江 at 23:00| Comment(0) | 台所雑貨と調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。