2013年06月10日

菌美女デビューいたしました♪

5月10日に行われた、菌美女イベント「農大で作ったお味噌お披露目企画☆いろんなお味噌を食べてみよう!」に参加いたしました。

■お味噌の官能検査


前半は、10種類のお味噌の「官能検査」。

miso.jpg

東京農業大学の舘博教授による、お味噌のお話がありました。味噌の製造や自宅で作るコツ、お安いお味噌とこだわりのお味噌のちがい、そして味噌の「官能検査」をご教授いただきました。

「官能検査」とは、平たく言うと食べ比べ。五感を使って、色、香り、味、組成などを利き分けます。ここで、「聴覚は使いません」と軽く笑いをとる舘教授…

10種類ものお味噌を味わっていると、だんだんと脳が混乱状態に。求められてもいないのに何か「正解してやろう」という邪心も働き(*゚▽゚)ノ疲れました…

「樽のような…」「土っぽい…」などとワインのテイスティングのようなことになってきて…結局、自分はどれが好きかなぁということだけを考えることに。なぜか初めて食べた「ひよこ豆の味噌」が好みという決断に至りました。

珍しい「10年ものの味噌」も試食でき、10年経つと黒っぽく酸味が強くなるのかぁと知りました。

■食と話題が豊かな菌美女のポットラックパーティ


そして後半は、ポットラックパーティ♪

kinbijo_party_1306.jpg

菌美女たちが持ち寄った、発酵食品を使ったお料理と、会場となった八海山の美味しいお酒が並びました。

八海山の珍しいビール「八海山泉ビール ヴァイツェン」も試飲でき、これがとても美味しかったです。

ヴァイツェンらしいフルーティーで濃厚なお味は、ヴァイエンシュテファン風でとっても好みでした。製造本数が少ないので、あまり流通されていませんが、ネットでは買えるようですね!

もちろん、よく冷えた生酒も、たいへん美味しくいただきました。

■ローフードの発酵食品〜ナッツチーズ


私がお持ちしたのは、ローフードスクール・ビオのアンティパスト

kinbijo_plate1.jpg

これは、よく体験レッスンのランチなどでお出しするメニューです。ナッツチーズにキャベツの発酵液(リジューベラック)を使っているので、これが発酵食品です。

やはりローフードはまだ珍しく、加熱しないクラッカー、乳製品を使わないチーズというだけで感心していただけました。初めて食べた方に「うん、これは美味しい」と喜んでいただけると、ちょっと自信になります♪

そして、もうひとつ。

kinbijo_plate2.jpg

これは、甘いチーズです。同じくローナッツチーズに、カレンツ、ラム酒に浸したドライイチジク、アプリコット、クルミを混ぜ込んだものです。

ドライフルーツなどが入ったクリームチーズが、ワインのおつまみとして売られていますが、あれをローナッツチーズでできないかなぁと思って試してみました。

これは、パティシエ1級の課題として提出予定の試作品です。

甘いチーズをさっぱりといただくために、アメリカンチェリーとミントを添えました。

■菌美女イベントの出会いと再会と〜


パーティでは、それぞれユニークな情報をお持ちの方々と、話は尽きず。食だけでなく歴史や政治の話など、美味しい食べ物とお酒でたっぷりと楽しい時間を過ごさせていただきました。

そして、インパクトがあったのは農大の舘教授です。大きな声では言えない農大ならではの裏話に、笑いが尽きませんでした。

そういえば、私がローフードという言葉を初めて知ったのは、菌美女の酒井美保子さんのフェイスブックのウォールでした。当時ナッツで作るチーズをアップされていて、本当に不思議でならなかったのをよく覚えています。

美保子さんとは、彼女が高校生の頃からの友達で、フェイスブックで再会し、またこうしてローフードや食のことで話ができるのは、不思議なご縁だなぁと思います。

菌美女でも、イベント企画などのお話もいただき、これからまた楽しみです!



posted by 杉本佳江 at 01:43| Comment(0) | レッスンレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。