2013年04月17日

ディハイドレーターに使う海外変換プラグ

セドナのデイィハイドレーターをアメリカのアマゾンを利用して、個人輸入で購入しました。

海外製品を日本で使うには、変換プラグが必要です。
マンションによっては、海外プラグ対応しているそうですが、築20年の我が家はちがいました…

圧力の差を気にしないとしても、3pのコンセントは日本の2pには入りません…

海外変換プラグ

左が、セドナの3pプラグ(海外仕様)。右が日本のコンセントに変換するための「3p-2pプラグ」です。


変換アダプタSANWA SUPPLY TAP-AD2N
変換アダプタ(ノイズフィルター付)

591円(税込・送料無料)変換アダプター

この変換プラグ変圧はせず、ただ差し込めるようになるだけです。ディハイドレーターは、マックスでも400Wいかないので、1500Wまで使えるこの変換プラグでだいじょうぶだと思います。

うちには、以前パソコン用に買ったものがあったのでそれを流用しましたが快適です♪

ショートブレッドをディハイドレーターに入れる

これは、今からショートブレッドをディハイドレーターに入れるところです。やっぱりディハイドレーターがあると、ローフード生活は広がります!

ディハイドレーターは、ローフードをはじめたらすぐに必要という訳ではないと思います。私も1年ほどは、ディハイドレーターなしで過ごしました。というか、まだハイパワーブレンダーも持っていません…

ソークしたクルミを自然乾燥

ディハイドレーターを買うまでは、このようにソークしたナッツはキッチンペーパーの上に広げて自然乾燥させていました。ディハイドレーターのようにカリッとは仕上がりませんが、ロースイーツを作るにはじゅうぶんです。

もし、ローフード以外のスイーツ(焼き菓子やケーキ)を作る回数が減ってきた、パンやご飯を食べる回数が減ってきたと感じたら、ディハイドレーターの買い時かも知れません。


セドナのディハイドレーターSedona Digitally Controlled Food Dehydrator (SD-9000)セドナのディハイドレーター
9段タイプ
(トレイと網、調理シート、コンセント、説明書、レシピDVD付き)*テフレックスシートはついていません
39,302円
(本体価格、アメリカからの送料、輸入手数料込の金額です)


詳しくは、「セドナのディハイドレーターを購入しました」をご覧ください。

ico_pen1-2.gif関連記事
USA・アメリカのアマゾン(amazon.com)注文の仕方(買い方について)
アメリカのアマゾンのアカウントの作り方、注意点など、詳しく解説されています。

posted by 杉本佳江 at 15:08| Comment(0) | 台所雑貨と調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。