2013年03月22日

蒸留水器を購入した理由

とうとう、台湾メガホーム社製の蒸留水器を購入しました。

distilledwater350.jpg

ナチュラルハイジーンでは、お水は蒸留水をおすすめしています。

と、「フィット・フォー・ライフ」で読んだとき、ちょっと気の遠くなる気分になりました。

蒸留水とは、水を沸騰させてできた水蒸気をまた冷やして集めた水、だからです。

ナチュラルハイジーンの考えでは、人は水や塩に含まれるミネラルをそのまま消化吸収することができません。野菜や果物に含まれているミネラルのみ、利用できる、とのこと。

このあたりの真偽は、まだ私的には納得していないのですが、それでも、蒸留水にはとっても、とっても興味がありました。蒸留水に興味がある理由は、以下の5つです。

  1. 浄水器を信頼しきれない

  2. 水道水の不衛生さと塩素

  3. 蒸留水には放射性物質を含まないらしい

  4. ペットボトル代が高すぎる

  5. ペットボトルの水の安全性も微妙

それぞれ、詳しくご説明します。


1)浄水器を信頼しきれない


浄水器は、一般にフィルターを利用して浄水します。どんなに高価な浄水器でも、何層のフィルターを持つ浄水器でも、分子レベルの成分から考えるとザルのような気がしてなりません。

例えばマウントシャスタのように山の中をゆっくりゆっくり時間をかけて濾過される、というのだったらずいぶんキレイになっている気分になりますが(気分の問題かも?)、定期的に交換するフィルターは経年劣化も考えられますし、信頼しきれない、というのが本音です。


2)水道水の不衛生さと塩素


水道水には、塩素が入っています。塩素は強力な防カビ剤ですね。もちろん、塩素濃度はWHOの世界基準値以内に収まっています。が、やはり塩素は気になりますし、美味しくないです。

そして、水道管の不衛生さも気になります。水道管の素材によっても、水に不純物が混ざりますし、いちど設置したら水道管は洗いません。マンションなんか10数年以上、同じ水道管を水が通ってきます。サビなどだいじょうぶでしょうか?


3)蒸留水には放射性物質を含まないらしい


蒸留水に放射性物質は含まない、という話はあちらこちらで聞きます。実際、高濃度の放射性物質を含む水を蒸留した後の水を計ると不検出、というデータをいくつか見ました。

水溶性のセシウムがなぜ、蒸留水に混ざらないのかはわからないのですが、沸点とか露点とかの関係でしょうか。それともやはり、蒸留水は純水、H2Oだから、なのでしょうか。

また、泥水も蒸留水にすると飲むことができます。そう考えると、いざというとき蒸留水器があると水に困らないかも♪という思いもあります。


4)ペットボトル代が高すぎる


去年の我が家のペットボトルの水代が13万円!?( ̄▽ ̄;)!!ガーン これは、飲料、調理用、そして、お風呂上がりの炭酸水も含みますが、それにしても高すぎます!

それに、ペットボトルの水を買うことのエコでないことが気になりはじめました。

ペットボトルの水を買いはじめたのは、福一事故後、水道水の汚染を気にしてからなのですが、当時は、エコかどうかなんて問題ではありませんでした。とにかく安全な水を!といろんな水を調べました。

が、2年が経って、ちょっと心に余裕が出てきて考えてみると、ペットボトルのプラスチック、それを運ぶガス代など余計な経費と消費がされているなぁと気になりはじめました。


5)ペットボトルの水の安全性も微妙


日本の多くのペットボトルの水から硝酸態窒素の汚染が確認されています。

六甲の美味しい水などは、採取地が住宅地のなかということで、ちょっと問題になったこともありますが…、どちらにしても、日本中で化学肥料を大量に使っているので、お水にも混ざってしまうのかなぁと思います。これは、どの地方ならOK、NGということではないので、測ってみないことにはわからないのも辛いところです。

ということで、買いました。蒸留水器

distilledwater150.jpg蒸留水器(台湾メガホーム社製)
白・ステンレスボディ+ガラス容器+ガラスノズル<改良ヒューズ版>

29,369円 (税・送料込)


台湾製ってどうなんでしょ??と思いましたが、結論から言って、この蒸留水器はちゃんと美味しい蒸留水を思ったより早く作ってくれます。

蒸留水の使い方、使い心地(?)、音などはまた後ほど書きますね。

ico_pen1-2.gif関連情報サイト
六甲のおいしい水(Wiki)
食品と暮らしの安全「特集◆硝酸態窒素の水汚染(2007年4月現在)」

ico_pen1-2.gif関連記事
台湾メガホーム社製の蒸留水器を購入♪

ローフードスクール・ビオでは、メガホーム社の蒸留水器の代理店をしております。詳しくは、コチラ>>をご確認ください。

ネットでは公表していないビオの特典もございますので、ご興味のある方はリンク先の問い合わせ先よりご連絡くださいませ。


posted by 杉本佳江 at 15:58| Comment(0) | 台所雑貨と調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。