2018年04月12日

牛乳をたくさん飲んでるのに骨折がよくならなかった、、、そんなとき骨を強くするのはマグネシウム!?

子供たちに骨折が多いのには驚かされます。

足を踏み外した、何かを飛び越えた、走ってきて両手で体重を支えて止まった、などの理由で、私が知っているだけで3人のお子さんが骨折しています。

私の世代で骨折した子はごく稀で、スキーで転んだなど大怪我でない限り骨折などはありえませんでした。

空手の道場でも骨折した子がいました。

「牛乳、たくさん飲んでるのに、一週間たっても『何も変わってません』って(先生に)言われちゃったんだよな〜」と雑談している声が聞こえてきました。

牛乳

もしかしたらカルシウムが多すぎて、骨ができづらいのかな、、、、と思ったのですが、よそのお子さんのことお節介してもな、、、と思いつつ、お困りだろうな、、、と思いは行ったり来たりしながら、結局、親御さんにお話ししてみました

骨を作るにはカルシウムの他にマグネシウムとビタミンDも必要なので、ネットで検索して納得なさったら試してみてはいかがでしょう。

と、いった感じでお伝えしました。

そして、ご紹介したマグネシウムのサプリメントはこちらです。

超高濃度マグネシウム 50ml


山田豊文先生がおすすめされていたマグネシウムサプリメントで、ローフード仲間の間でも人気のある商品です。

マグネシウムの吸収は難しく、多すぎると吸収しないとか、食品で食べても吸収されるのは半分以下、腸の状態にも吸収は左右される、など扱いが難しそうですが、このマグネシウムサプリメントは液体で体感がよく、口径だけでなく皮膚からも吸収されるそうです。

食品からとれたら一番いいのですが、骨折など緊急の場合はサプリメントの利用はいいと思います。

ナトリウムとカリウムが拮抗するように、カルシウムとマグネシウムも拮抗するミネラルです。

量ではなく比率(これはオメガ3とオメガ6もそうですが)が大事で、カルシウム:マグネシウム=2:1が理想です。

ローフードマイスター準一級でもこのお話しは詳しくするのですが、牛乳をたくさん飲むと骨が作られにくい理由は一つではなく、このパラドックスには戸惑われる方は多いです。


その後の骨の経過


一ヶ月ほど経ってから、「あれから、骨はどうでした?」と伺ってみると、どうやらとても順調だそうです♡

マグネシウムをすぐ取り寄せて飲んでみたところ、レントゲンでも骨の隙間がどんどんと埋まっていったのがわかったようです。お味も問題なく飲めているそう。

ビタミンDは、意識して鯖やサーモンを召し上がったとのこと。

過剰摂取はよくないので、ビタミンDはサプリメントでなく食品でとられたのは安心だったかもしれません。

親御さんは、マグネシウムとビタミンDの効果だったと感じていらっしゃるようですが、何が効いたにせよご本人も、もう痛みがないということで何よりです。

「情報って大事だな〜って思いました」とおっしゃっていました。

ミネラルなので熱で壊れる心配はありませんが、うちではスムージーに入れて飲んでいます。

マグネシウムスムージー2.jpg

つい入れ忘れてしまうので、毎回ではなく思い出した時、くらいの頻度です。


日光浴をしていてもビタミンD欠乏の可能性


フェイスブックで、インドの学校がビタミンD欠乏対策に朝の集会を11時から午後1時にシフトして、自然光によるビタミンDの吸収を試みるという記事が紹介されていました。

インドの記事ソースはこちらです。

記事には、「インドの大半の地域で日中の豊かな日差しを受けているにもかかわらず、インドのさまざまな都市の少年少女の90%以上のビタミンDが不足していることが分かっている」とありますが、この話は他でも聞きますのでインドだけの傾向ではなさそうです。

日光に当たっていても体内でうまくビタミンDを合成できないこともあるようなので、サプリメントをとっている方は増えているようです。

vitamind.jpgNow Foods|ビタミンD3、高い有効性、1,000 IU、ソフトジェル180錠


1,000IUくらいでしたら摂取上限は超えない程度だと思いますが、過剰摂取は気になるので血液検査をした方が安心ですね。デフォルトにはないので、ビタミンDの検査はオプションでつける必要があります。

私が信頼しているヘルスコーチの森ちせさん(ソフィアウッズ・インスティテュート)もビタミンDについて記事を書いていらっしゃるので、そちらも参考になさってみてくださいね。

ビタミンDは、過ぎたるは及ばざるがごとし
日光浴が必要な4つの理由 – ビタミンDのドミノ効果






posted by 杉本佳江 at 17:34| Comment(0) | 病気と健康・栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: