2016年09月09日

ローフードではないけど焼かない〜アーモンドバター・ノンベイク・クッキー

私が愛読しているMinimalist Baker'sさんのブログから、美味しかった焼かないクッキーのご紹介です。

IMG_8085.jpg

ココナッツシュガーとアーモンドバターでキャラメルを作って、アーモンドとひまわりの種、オートミールを混ぜるだけ。

このキャラメル風味は絶対に美味しいはず♡と、早速、作ってみました。

レシピはこちらのリンクからご確認ください。

材料はあらかじめローストしておくのでロースイーツではありませんが、仕上げにオーブンに入れることはありません。

レシピのこのままですとちょっとキャラメルが多くて甘すぎるかな、と思ったのでナッツ類を多めにしました。いい感じです♪

ところが、ナッツを増やすと重たくなるんですね。すっごく美味しいのに、息子は「ちょっと重い」と言って手を出しませんでした。

こういうおやつは、空手の練習の直後など、クタクタに疲れてお腹が空いている時に出すとはかどります。

とは言っても食感から考えるとロールドオーツは入れたくないし。もしかしたら、砕いたクッキーなんかを加えてもよいのかも、、、とブツブツ考えながら試食。

一粒、そしてもう一粒と、美味しくて、一人でほとんど食べてしまいました!キャラメルの風味が、このクッキーの魅力です。

またエクササイズしなくては、、、

IMG_8087.jpg

お世話になったママ友にもプレゼント。

このままでも十分に美味しいのですが、より軽いバージョンが作れたら、レシピアップしますね。


Minimalist Bakerの本


Minimalist Baker'sのレシピ本は、今年、出たばかりなのですが、アメリカアマゾンでものすごい高評価です!

私はまだこの本は持っていないのですが、次に買うのはこれと決めています。ブログで紹介されているレシピをいくつか作りましたが、どれも美味しかったです♪

このレシピ本は、ビーガンでグルテンフリーを意識しているのが魅力ですね。

日本とアメリカのアマゾンのリンクをつけておきますね。

Minimalist Baker's Everyday Cooking: 101 Entirely Plant-based, Mostly Gluten-Free, Easy and Delicious Recipes
こちらが日本のアマゾンで買える本です。
Minimalist Baker's Everyday Cooking: 101 Entirely Plant-based, Mostly Gluten-Free, Easy and Delicious Recipes
こちらがアメリカのアマゾンで買える本です。円高なのでもしかしたらこちらの方がお安いかも♪


posted by 杉本佳江 at 02:20| Comment(0) | ビーガンスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

ビーガンバターのレシピ

在庫がなくなったので、今日はビーガンバターとビーガンマヨネーズを作りました。

butter_mayo1.jpg

このビーガンバター、息子が気に入っていて、トーストしたパンにべったりとつけて食べています。「これ、本当にバターだね」と喜ぶので、ジャンクベジだと思いつつ切らさず作っています。

「どうやって作るの?」とよく質問をいただくので、レシピを公開しますね♪


ビーガンバターのレシピ



すべての材料をブレンダーに入れ、中程度のパワーで1分ほど撹拌してよく乳化させる。

冷蔵庫で3〜4週間、冷凍庫で数ヶ月保存可能。

butter_mayo2.jpg

ビーガンバターは、こんな感じにホウロウに入れて冷凍保存しています。

食事の前に冷凍庫から出しておいて程よく解凍させて使います。間に合いそうにないときは、小皿に乗せて、トースターの上に置いておく、など。

小分けにしているのは使う分だけを解凍したいから。大きなブロックで作ると、少々扱いにくいです。

常温で長く放置すると溶けますのでご注意くださいね。


ビーガンバターの材料について


材料は、レシピにリンクをつけていますのでそちらをご確認くださいね。

ココナッツオイルは、Jarrow Formulas, オーガニックがよいです。

このココナッツオイルはまったくココナッツの香りがしないので、炒め物や焼き菓子など、便利に使っています。

個人的にココナッツ臭が苦手なので、ロースイーツで生のココナッツを使うとき以外は、このオイルにしています。バターもココナッツ風味がない方が、乳製品のバターに似ます。

米油でなくても香りのないどんなオイルでもOKです。太白ごま油やグレープシードオイルなど。

米油は酸化しにくいので常備しています。この商品が製法など特筆よい訳ではないですが、北海道産と米の原料が明記されているので選んでいます

レシチン液体タイプがあればよりよいのですが、手に入らないので顆粒を使っています。よく撹拌すればうまく乳化します。


ビーガンマヨネーズ

このマヨネーズも、卵風味でなかなか人気です♪


ビーガンバターとビーガンマヨの講座♪


ローフードスクール・ビオでは、ローフードだけでなく、ヴィーガン1dayレッスンもご用意しています。

こちらは「パン&ヴィーガンバター講座」で、パン、バター、マヨネーズ、ベジパテなどすべてビーガンで作ります♪


ビーガンバターに使った道具のご紹介


こちらが、私がバター用に使っている型とグラシン紙です。

ミニマフィン天板 12取【シリコン加工】カップケーキ型
米粉のマフィンを焼くために購入したのですが、バターの型として使うことが多いです。この小さな1カップが、バターの1回分にちょうどよい大きさです。
グラシン紙と合わせて、大粒のチョコレートも作れそうです。
グラシン・マフィンカップ 5号深型 1000枚入【紙製】カップケーキ型グラシンケース ※オーブン焼成可能
1000枚もどうするの!?と思いますが、一生モノと思って使っています。バターを作るにはグラシン紙があったほうが便利です。
型がシリコンなので、グラシン紙があったほうが焼き菓子も安心ですね。
野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M
おまけ♪こちらは、バターの1バッチがちょうど入るくらいの野田琺瑯です。野田琺瑯は、シール蓋がゆるいので冷凍にも向きますね。



posted by 杉本佳江 at 20:29| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩アボカドペーストがパンに美味♪

沖縄も秋らしくなってきたので、パンを焼きはじめました。


パンの小麦について


数えるとパンは20年ほど焼いていて、昔は毎日のパンを欠かさず焼いていました。

今はグルテンフリーのご時世なので、週に1回、食べるか食べないかの頻度です。

米粉パンもいいのですが、今のところ「パンは美味しく小麦で食べよう」と思っていて(パスタはグルテンフリーに徹しているし、、、)、ライ麦、全粒粉、石臼挽き粉、スペルト小麦、国産小麦、小麦ふすま、大麦粉などを適当にミックスして小麦のパンを焼いています。

20%くらいだったら米粉を混ぜても風味が変わらないので、入れることもあります。


沖縄には、「沖縄いえ島小麦再生プロジェクト」というものがあります。

イベントなどに出店されているのを見かけると、買わせていただいています♪


小麦選びで意識しているとしたら、オーガニックかどうかより国産小麦を使うことでしょうか。オーガニックでも、外国産はポストハーベストのほうが気になります。

ちなみに使っている小麦の一覧は以下の通りです。




塩アボカドペーストのオープンサンド


さて今夜の夕飯は、パンに塩アボカドペースト、ベジミートローフのせのオープンサンドです。

アボカドサンド

実際はこの上に、ヴィーガンマヨネーズをとろんとかけて食べました。

ベジミートローフは、レンズ豆、黒インゲン豆などいろんな豆で作っていますが、これがあるとランチも夕飯も便利です♪


塩アボカドペーストとは?


さて、このパンの上のペーストの「塩アボカドペースト」ですが、作り方はいたって簡単。

アボカドを潰して、塩を少し強めに味付けするだけ、です。

塩を強めにするところがポイントです♪

ヴィーガンだとバターをどうするかが問題になってきますが(もちろん美味しいヴィーガンバターを作ることはできます♪)、別にバターでなくてもいいわけです。

アボカドは脂質たっぷりなのに油っこくなく、でも濃厚でバターの代用としてパンにピッタリの食材ですね。

塩アボカドペースト

こちらは先日のランチ。

パンに塩アボカドペースト、ツルムラサキと納豆の和え物にヴィーガンパルメザンチーズをふりかけています。

ツルムラサキは、鉄分、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富で、夏に旺盛に育つので、ほぼ毎日、食べています。

ビタミンCも多いですね。ということは茹でない方がよさそうですね。


塩アボカドペーストがとっても簡単で、パンに美味だったのでご紹介でした。




posted by 杉本佳江 at 00:51| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする