2015年08月23日

なしのスムージー☆スムージーにナッツミルクを入れるか?

もう秋の気配ですね〜と、ピカピカの沖縄も、少し秋を感じるようになってきました。

果物売り場になしが並ぶようになってきましたので、今日は、なしのスムージーです。

なしのスムージー

ペールトーンのグリーンがきれいです♡

適当に次々と投入したので、材料の分量は定かではありませんが、おおよそのレシピです。


■なしとマルベリーのスムージーレシピ


マルベリーとなしの甘みがやさしく、ピリッとショウガが効いた、大人のスムージーですね♪


氷以外の材料をバイタミックスでなめらかになるまで撹拌し、最後に氷を入れてよく混ぜます。

はじめから氷を入れてしまうと、バイタミックスの摩擦熱で氷の冷たさを楽しめないので、氷は最後に入れます。


■ナッツ入りのスムージーをどう考えるか


一昨年のことだったと思いますが、ジェニー・ロスの来日ワークショップで紹介されたのがアーモンドミルク入りのグリーンのスムージーでした。

ジェニーロスのナッツミルク入りスムージー

ジェニー・ロスが、アーモンドミルク入りのスムージーを作っている様子です。かなり濃厚なスムージーでした。

それまでは、グリーンの葉野菜の消化吸収を妨げるためにナッツをスムージーに入れないというのが常識でした。

会場がザワザワとしたのをよく覚えています。

ジェニー・ロスは、「今までのスムージーには脂質が足りなかったので、ナッツミルクで補います。これで完璧な栄養(必要な栄養素すべてを含んだ)スーパースムージーになりますね!」と説明していました。

へ〜

そして、同じ年、松田麻美子先生の二子多摩川園での講演。レジュメにあったスムージーも、ナッツミルクが使われていました

松田麻美子先生の二子多摩川園講演会

そのときは「アメリカでは、スムージーにナッツミルクを入れる傾向があるのかなぁ」と思ったのでした。


■スムージーにナッツミルクは正解?


朝からアーモンドバター(=ミルク)のスムージーは、私には向いていません。ちょっと胃が重たくなったので、消化が難しいと感じます。

おやつなら大丈夫です♪

私がスムージーに求めるものは
  1. 美味しさ
  2. 消化のよさ
  3. 栄養

で、優先順位はそのときによってちがいます。

朝は、美味しさと消化のよさを優先します。ベリー類と柑橘類が多いです。

おやつには美味しさを優先。朝には飲まないナッツバターの入った「カフェモカ」や「チョコミント」なんかも作ります。

そして、「日焼けしてしまった!」とか「疲れてる〜」とか、緊急事態には、栄養(抗酸化作用の強いファイトケミカルが入ったスーパーフード)を考えます。

栄養を優先したとしても、「良薬口に苦し」とは言いますが、あんまりストイックなものは作りません(笑

普段からどんな栄養がとれるかは気にかけてはいますが、血液検査でも栄養のバランスに問題はなさそうだったので、スムージーの栄養についてはあまりセンシティブになっていません

毎日、いろんな種類の野菜や果物を食べているので、それで間に合っているのだと思っています。

スムージーにナッツミルクを入れて、消化が難しくなければOK。胃が重たいようならやめたほうがよい、という自己判断ですね。

あの人がいいといったものが、私には合っていないこと、よくあることです。

そして、ナチュラルハイジーン(ローフード)のスムージーには牛乳はもちろん、豆乳は入れません。ヨーグルトも入れません♡






posted by 杉本佳江 at 01:48| Comment(0) | スムージー(レシピ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

カルディの「マッサ」(パプリカの塩漬け)美味しいです♪

子どもが小学生になって、空手を習ったりと運動量が増えたので、最近は穀類、種類を意識しはじめました

マッサご飯とサラダ

玄米とキヌアをいっしょに炊いて、イタリア風炒めご飯にしました。

私は、玄米は胃に負担を感じるのですが、子どもは喜んで食べます♪

我が家は、誰か専用のご飯は作らず、みんな同じものを食べるようにしているので、量で調整でしょうか。とはいっても美味しくて、つい食べ過ぎてしまいます…

マッサご飯

この炒めご飯に便利なのが、カルディの「マッサ」です。

ニンニク、タマネギ、マッシュルーム、にんじん、ピーマンなど適当な野菜を粗みじん切りにして炒めて、マッサで味付け。ドライトマトを加えて、味のバランスをみてできあがりです。

この日はありあわせの野菜で作りましたが、パセリがあるとよいですね♪

マッサとドライトマト

これが、いつもカルディで買っている「マッサ」と「ドライトマトのオイル漬け(カットタイプ)」です。

マッサ

マッサの原料は、パプリカ、塩、リンゴ酢だけ、というとてもシンプルなもの。自分でも作れるかも♡

と、思ったらこんな本がありました。



マッサ MASSA パプリカでつくる美味しい調味料
1,296円(税込み)


ベジではなさそうですが、買ってみよかな〜

ドライトマトのオイル漬けには、酸化防止剤としてビタミンCが入っていますが、毎日のお夕飯づくり、手軽さの背に腹は代えられません。

カットタイプを買う理由は、まな板でドライトマトのオイル漬けを切ると、まな板がとても汚れて仕事が増えるからです。

*カルディオリジナル マッサ デ ピメンタォン(パプリカペースト)120g
420円(税込み・送料別)
アグロモンテ ドライト チェリートマト(カットタイプ)200g
745円(税込み・送料別)



posted by 杉本佳江 at 14:43| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

じゃがいもの美味しい食べ方☆ハッセルバックポテト♪

最近、よく作るのがハッセルバックポテト。じゃがいもをアコーディオンのようにカットしてオーブンで焼いただけのものです。

北欧のお料理なんですね。スウェーデンの国民食だとか♪

ハッセルバック

チポトレ(スモーキーで辛いスパイス)が焦げました…( ̄▽ ̄;)!!ガーン後から振りかけたほうがよかったですね。

ハッセルバックは、オイルと塩すこしに2種類のシーズニング、「チポトレ」「Mrs.Dashのオリジンル・シーズニング(レモン風味)」を振りかけてオーブンに入れました。


オーブンにジャガイモだけではもったいないので、黄色いにんじんに軽くオイルをぬって、塩、イタリアンシーズニングをふりかけてローストしました。

黄色いニンジンのロースト

この黄色いにんじんがよい香りで、甘くて美味しかったです。

ハッセルバックと黄色いにんじんは、同じタイミングでオーブンに入れました。

今回は200度で30分にしましたが、ポテトが焦げたので次回は180度で45分で試してみようと思います

ちなみに、オーブンで野菜を焼くときにオイルをちょっとつけるのに便利なのが、シリコンの刷毛シリコンの刷毛です。少量のオイルを、合理的に野菜につけることができます。


これはナーベラー(へちま)のスープです。

なーべらーのスープ

無水鍋にナーベラーをカットして入れ、超弱火で30分ほど煮込むだけ。お出汁も水も入れずに、もちろん塩も入れずにナーベーラーから出るスープだけで作ります。

ナーベラーからは、こんなにスープが出てくるんです。すごいですね〜

美味です♡

こんな美味しいもの、なんで東京で普及しないのでしょう??ナーベラーは、沖縄に来て美味しかった食材のひとつです。


こちらは、ダイスにカットしたタマネギを炒めて、甘くなったところにコーンを入れて炒めたもの。

コーン

塩こしょうなしでも美味しいです。今回は、タマネギを炒めるときに少量の塩を入れました。

そして、本日の真打ち、沖縄は今帰仁のマンゴーです。

マンゴー

こんな高級なマンゴー、普段は口に入らないのですが、ある音楽家の方の温かいお心遣いでこんな幸せなことに♡

完熟マンゴーなので、追熟の必要なし。なんて甘くて、よい香り♪

ごちそうさまでした!




posted by 杉本佳江 at 23:46| Comment(0) | うちのベジご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする